2年ぶり復帰の関根貴大が先発で1アシスト!前半で3発の浦和、退場者を出すも磐田に貫禄勝ち

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月20日

磐田守備陣の混乱を突いて前半に3ゴール

復帰後いきなり先発出場を果たした関根が2点目をアシストした。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグ20節のジュビロ磐田対浦和レッズが20日、エコパスタジアムで行なわれ、3-1で浦和が勝利を収めた。浦和は2試合ぶりの勝点3。磐田は今季初の連勝はならず今季11敗目を喫した。
 
 浦和は開始間もない7分にビッグチャンスを迎えた。磐田のDF新里亮にプレスをかけた長澤和輝が高い位置でボールを奪い、そのままエリア内に侵入してマイナスのクロスを入れる。これを受けた武藤雄樹がDFひとりをかわしてシュートを放ったが、惜しくもGKカミンスキーに阻まれた。
 
 しかし、直後の10分、磐田守備陣が混乱している隙を見逃さずに浦和が先制に成功する。右サイドでタメを作った橋岡大樹が中央へ持ち込んで横パスを出すと、これを受けた長澤がペナルティエリア手前からエリア内にスルーパスを通す。抜群のタイミングで最終ラインの裏に抜けた興梠慎三が反応し、前に出てきたGKカミンスキーのポジションを見極めてきっちりとシュートを流し込んだ。
 
 さらに浦和は21分、左サイドから関根貴大が上げたグラウンダーのクロスがファーに抜け、走り込んだ橋岡が押し込んでリードを広げる。今夏にシント=トロイデンから移籍し、2年ぶりに古巣に復帰した関根が、さっそくアシストという形で結果を残した。

 これで勢い付いた浦和は31分に中央を強引に突破し、最後は長澤が転倒しながら必死に足を伸ばしてチームの3点目を挙げる。3-0として前半を折り返した。
 
 後半は69分に磐田の上原力也が一矢報いる。CKのセカンドボールを拾った森谷賢太郎が中央に横パスを出し、これを受けた上原がペナルティエリア手前から右足でミドルを突き刺した。
 
 その後、ともに決め手を欠いて時間が過ぎたが、85分に浦和の柴戸海が2枚目の警告で退場。数的優位に立った磐田が前線に人数をかけて攻め込んだが、最後の局面を崩すアイデアを欠き、3-1で浦和が勝点3を手にした。

【関根貴大 PHOTO】槙野と笑顔でパシャリ!先発フル出場を果たし好プレーを披露!

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ