ナポリ、セリエA屈指のCBマノラスをローマから獲得! 総額46億円超の移籍金でプレミア勢を出し抜く

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月01日

クリバリとの強力タッグ実現へ!

ローマで実力を示し、リーグ屈指のCBへと成長したマノラス。ナポリでスクデット獲得に貢献できるかに注目だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間6月30日、ローマはナポリにギリシャ代表DFのコスタス・マノラスを売却したことを発表した。

 ローマの公式サイトは、移籍金は3400万ユーロ(約44億2000万円)+ボーナス200万ユーロ(約2億6000万円)の総額3600万ユーロ(約46億8000万円)になると発表している。

 契約期間と年俸についての公式発表はされていないものの、イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は、年俸350万ユーロ(約4億5500万円)+契約ボーナス100万ユーロ(約1億3000万円)の総額450万ユーロ(約5億5000万円)の5年契約と伝えている。さらに同紙によれば、ローマは見返りとして、ナポリからギニア代表MFのアマドゥ・ディアワラ(21歳)の獲得を進めているという。

 現在28歳のマノラスは、2014年8月に母国ギリシャの強豪オリンピアコスからローマへ加入してからレギュラーとして活躍してきた大型CBだ。17-18シーズンには、バルセロナとのチャンピオンズ・リーグ準々決勝の第2レグで、3点差をひっくり返しての逆転突破を決める決勝点を奪うなど、攻守両面で存在感を示してきた。

 セリエAでも指折りの守備者となったマノラス。今夏の移籍マーケットでは、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルなどのプレミアリーグ勢が触手を伸ばしていると報じられていたが、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、同選手の代理人であるミーノ・ライオラとの交渉をまとめ上げた。

 リーグ屈指のディフェンダーを手中に収めたナポリは、同じくセリエAで声価を高め、世界屈指のCBのひとりと評されるセネガル代表のカリドゥ・クリバリを有しており、29年ぶりのスクデット獲得に向けた地盤が固まったと言えそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ