「最悪の結果」「我々が4位だ」エクアドル紙が自国チームの予選敗退に嘆き節

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月25日

「大胆に勝利を求めることもなく…」

試合終了のホイッスルを聞き、項垂れるエクアドルの選手たち。 (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 現地時間6月24日、ブラジルで行なわれているコパ・アメリカのグループリーグ第3戦、日本はエクアドルと対戦し1-1のドロー。決勝トーナメント進出は果たせなかった。

 この結果に、ある意味で日本以上に嘆きの色を濃くしているのがエクアドル側だ。

 エクアドル紙は『EL MERCURIO』は「我々はコパ・アメリカから締め出された。最悪の結果」と報じ、同国紙『El Diario』 も「1ポイントしか取れなかった。彼らはグループステージの4位だ」と嘆き節でこの結果を報じている。

 特に辛らつなのが『El UNIVERSAL』紙で、「勝利は遠すぎた」とエクアドルの戦いぶりを酷評している。

「ここまで、日本は、チリに4-0で敗れた後、ウルグアイに2-2で引き分けた。エクアドルはウルグアイに0-4で敗れ、チリに1-2で敗れた。この背景は決して縁起のいいものではなかった。

 日本はコパ・アメリカのゲストとして2回目の参加となる。勝利をあげたことはない。対するエクアドルは、勝利を挙げたことはある。だが試合では日本に先制され、追いついたものの、勝ち切ることもできず、最後まで慎重さを捨てて大胆に勝利を求めることはなかった」

 さらに、1点ずつを取り合った後の戦いぶりには不満が残ったようだ。終盤の日本の波状攻撃には「恐怖もあった」と評している。

「終盤のパーティーは結果的には誰のものでもならなかったが、我々のアタッカーはネットを捉えるシュートを放つことはなく、終わりを迎えた。日本は後半に上田綺世、前田大然を投入してシュートを披露。中島翔哉のシュートからの久保建英のシュートはネットに吸い込まれたがオフサイドにより却下された。我々にとっては致命的なミスにも思われた瞬間だったが……」

 2022年ワールドカップ出場を目指して代表チームの強化に取り組んでいるエクアドル。日本に敗れはしなかったものの、「相手は、来年の東京オリンピックを視野に入れたU-23チームのためのテストマッチとして、南アメリカの競争を使用したチームだ。それなのに……」(『El UNIVERSAL』紙)と嘆き節。この声はしばらくやみそうにないようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ