引退発表のF・トーレス、「最も印象的なチームメイトは?」の問いに何と答えた?

カテゴリ:Jリーグ

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年06月23日

「もう一度いっしょにプレーしたい」

黒のスーツ姿で引退会見に臨んだトーレス。時折笑顔を見せながら質問に答えていた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 6月23日、サガン鳥栖のフェルナンド・トーレスが、都内で会見に臨んだ。元スペイン代表FWは2日前、自身のSNSに「18年に及ぶ刺激的な時間を経て、僕のキャリアを終わらせる時が来た」と投稿し、現役引退を表明していた。

「コンディションの問題もあり、自分が求めているレベルに到達していない。自分の思うようなプレーができないなら、このタイミングで引退をするほうがいいと考えた」

 引退を決断した理由についてそう語ったF・トーレスは、8月23日のヴィッセル神戸戦をラストマッチに設定し、あと2か月は「鳥栖のために全力でプレーを続ける」と明言。そして、引退後はクラブのアドバイザーに就任することも明かしている。
 
 また、会見の中で、「最も印象に残っているチームメイトは?」という質問を受けると、“エル・ニーニョ”は迷うことなく次のように答えた。

「スティーブン・ジェラードだね。彼は選手として自分を成長させてくれた。ピッチの外でも素晴らしい人で、いろいろと影響を受けた。もう一度いっしょにプレーしてみたいよ」

 元イングランド代表MFのジェラードとは、F・トーレスがリバプールに移籍した07年夏から3年半に渡って、同じ釜の飯を食った。とりわけ、F・トーレスがワントップ、ジェラードがトップ下に入ったときのコンビは秀逸で、8番の鋭いスルーパスを受けた9番が豪快にネットを揺らすシーンは、アンフィールド(リバプールのホームスタジアム)のファンを何度となく熱狂させた。

 4歳年上の兄貴分は、一足先にユニホームを脱いで指導者の道に進み、現在はスコットランドの名門グラスゴー・レンジャースで監督を務めている。「指導者を目指すかどうかはわからない」と語ったF・トーレスは、これからどのようなセカンドキャリアを築いていくのか――。注目が集まる。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ