「センセーショナル!」「まさか日本がポイントを…」優勝候補ウルグアイと引き分けた森保ジャパンを海外激賞!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月21日

VAR判定には「無害なプレーだ。あれはおかしい」と糾弾

ウルグアイの重鎮ゴディン(3番)との空中戦に挑む植田(5番)。あのPKジャッジはやや酷だった。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 日本代表が掴んだ価値あるドローを、世界のメディアが称えている。
 
 現地時間6月20日、森保ジャパンはコパ・アメリカのグループリーグ第2戦で強豪ウルグアイと対戦。25分に三好康児が鋭い仕掛けから先制点を挙げると、10分後にVAR判定で与えたPKをスアレスに決められて同点。後半に入って59分にふたたび三好のゴールで勝ち越したが、その後にCKからヒメネスに豪快ヘッドをねじ込まれ、スコアが再度タイとなる。激しい攻防戦はこのまま2-2でタイムアップとなり、日本は今大会初の勝点を得た。
 
 世界的ネットワーク局『beIN SPORTS』の電子版は、この試合結果を驚きとともに報じている。「(第1戦で)チリに完膚なきまでに叩きのめされた日本が、ウルグアイを相手にポイントを獲るなど予想できただろうか」と綴り、以下のようにレポートした。
 
「光り輝いたのはミヨシだ。見事な2ゴールでウルグアイを追い詰めた。ヒメネスのゴールがなければ、ウルグアイはこのビッグトーナメントで恥ずかしい想いをさせられたことだろう。日本は守ってはカワシマ(川島永嗣)が好守を見せ、前線でもベテランのオカザキ(岡崎慎司)が気の利いた動きを披露。日本は東京五輪を睨んだ若いチームをコパ・アメリカに送り込んできたが、チリ戦とは打って変わって、この日は常に攻撃がウルグアイの脅威となっていた。まさにセンセーショナルなドローだ」

 
 さらに同メディアは、ウルグアイに与えられたPKに言及。「ウエダ(植田直通)のまるで無害なプレーがPKとジャッジされたのはおかしい。カバーニのシュートにどれほどの影響があったのか」と、今大会で再三問題視されているVARに疑問を投げかけた。
 
 ウルグアイ戦の引き分けで、日本はベスト8進出に向けて可能性を残した。第3戦の相手はエクアドル。はたしてどんなスタメン構成で、いかなるパフォーマンスを示すのか。来週月曜日に雌雄を決する。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】日本2-2ウルグアイ|南米の強豪を相手に三好が代表初ゴールを含む2得点の活躍!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月14日号
    10月24日発売
    2019年J1&J2全40クラブ
    先取移籍マーケット
    冬の補強戦略
    U-17W杯開幕ガイドも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ