微妙な判定も…植田直道はVARでのPK献上を反省「僕の対応が悪かった」【コパ・アメリカ】

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年06月21日

「後ろが耐えきれなかった」

激しい守備を見せた植田。ただ2失点を悔いた。(C)SOCCER DIGEST
(C)Getty Images

画像を見る

[コパ・アメリカ/グループリーグ第2戦]日本 2-2 ウルグアイ/6月20日/アレーナ・ド・グレミオ

「リードする形を作っておいたのに、追い付かれたのは僕の責任でもありますし、後ろが耐え切れなかったことを含めて次に活かさなければいけません」
 
 2-2のドローで日本が勝点1を獲得したコパ・アメリカの第2戦で、悔しそうな表情を浮かべたのはCBの植田直通だ。
 
 この試合、植田が最も注目されたのは31分。自陣エリア内でエディンソン・カバーニのシュートを止めようとしたブロックが、一度は流されたが、足の裏を相手に当ててしまったとVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)でPKと判定されたのだ。やや可哀そうなジャッジではあったが、植田は自らのプレーを反省する。
 
 
「僕の対応が悪かったと思います。あそこで足の裏を見せた時点で結果がそうなると分かっていましたし、VARがあることをもっと認識していなくてはいけなかったです。カバーニ選手が倒れるのは当たり前。ああいうシーンになる前に対応したかったです」
 
 ちなみにこの日、植田とカバーニはドーピング検査のために、試合後に控室で遭遇したといい、「(カバーニに)写真を見せられて当たってるだろ」と言われたというエピソードも植田は披露した。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
【日本代表PHOTO】日本2-2ウルグアイ|南米の強豪を相手に三好が代表初ゴールを含む2得点の活躍!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ