【ACL展望】浦和×蔚山現代|大槻体制で初のACL戦、元Jリーガー擁する相手アタッカー陣に要注意

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月19日

浦和――「メンバーはトレーニングでも質の高さを見せてくれている」と大槻監督

浦和の予想布陣。怪我から復帰した橋岡らの起用もあるか。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

ACL決勝トーナメント1回戦1stレグ
浦和レッズ 蔚山現代
6月19日(水)/19:30/埼玉スタジアム
 
浦和レッズ
グループリーグ成績:2位 勝点10 3勝1分2敗 9得点・4失点

 
【最新チーム事情】
●大槻監督体制で初のACLに臨む。
●ホームの初戦、アウェーゴールを許さないことが重要。
●西川はJリーグ経験者に加え、相手の右サイドを警戒。
 
【担当記者の視点】
 浦和レッズは19日にアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のラウンド16の初戦で、蔚山現代(韓国)をホームに迎え撃つ。蔚山は川崎フロンターレとの同組で1試合を残して首位通過を決め、国内リーグでも2位と好調を維持している。
 
 浦和を率いる大槻毅監督にとっては、ACLの指揮は初となる。それでも、クラブのスタッフとしてACLに関わった経験は豊富なだけに「日本のクラブで唯一2回、浦和レッズはこのタイトルを獲得している。その実績と経験がこのクラブに大きな自信を与えてくれている」と言及。多くの選手たちは17年の優勝を経験しているだけに、大きな不安要素にはならないだろう。
 
 蔚山を率いるのはヴィッセル神戸や韓国代表でプレー経験を持つキム・ドフン監督で、メンバーにはJリーグ経験者が多い。西川周作も柏レイソルなどでプレーしたキム・ボギョンやガンバ大阪などでプレーしたイ・グノの名前も挙げたが、「右サイドで7番はスピードがあって出足が早い」と、キム・インソンを警戒選手に挙げた。
 
 大槻監督が「メンバーはトレーニングでも質の高さを見せてくれているので、嬉しい悩みがある」と話すように、スタメン予想は難解だ。それでも、ACLで好プレーが光る長澤和輝や、対人の強さを見せる橋岡大樹や鈴木大輔には起用の可能性がありそうだ。そして、マルティノスが登録外となっているだけに、荻原拓也には途中出場でジョーカーの役割が与えられる可能性も十分にある。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月18日発売
    2019-2020シーズン
    ヨーロッパ主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    WCCFシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ