日本勢対決は鹿島が1-0先勝!! ACL男、セルジーニョの決勝ヘッドで2年連続8強へ前進!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月18日

昨季決勝トーナメントで5発を叩き込んだセルジーニョが躍動!

鹿島・セルジーニョが挙げた先制点が決勝ゴールとなった。写真:徳原隆元

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は6月18日、各地で決勝トーナメント1回戦のファーストレグを開催。県立カシマサッカースタジアムでは、鹿島アントラーズ対サンフレッチェ広島の一戦が行なわれ、鹿島が1対0で先勝した。


 鹿島はMF安部裕葵、広島はGK大迫敬介とMF松本泰志のふたりが、コパ・アメリカに出場する日本代表に招集され欠場。ベスト8を懸けた日本勢対決は、互いに主軸数名を欠きながらも前半からゴール前での激しい攻防が見られた。

 均衡を破ったのは鹿島。24分、左サイドを破った土居聖真がクロスを供給すると、DFに当たって高く上がったボールを、セルジーニョがヘッドで叩き込んだ。鹿島が1点をリードする。

 鹿島は先制後も安定した戦いを見せ、単発的な広島の攻撃を封じ込める。前半は鹿島の1点リードで終了した。

 後半に入り試合は中盤でのせめぎ合いが続く展開に。鹿島はやや自陣に引き気味となり、徐々に広島がポゼッションで上回るが、決定打は許さない。84分には、広島はボランチの稲垣祥がこの日2枚目のイエローカードで退場となってしまう。パトリックの投入で反撃態勢を整えていた広島にとっては、痛恨事となった。

 結局、試合は1対0のままタイムアップ。鹿島がホームでのファーストレグを完封でモノにした。決勝点を挙げたセルジーニョは、前回大会でも決勝トーナメントからの出場で5試合連続ゴールを決めるなど、アジアの舞台で無類の強さを発揮。今大会でも、その相性の良さを見せている。

 セカンドレグは6月25日に広島のホームで開催される。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ