「日本へ牙を剥いた!」「何も問題はなかった」コパ・アメリカ初戦で大敗スタートの森保ジャパンをチリ・メディアの意見は?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月18日

王者チリに力の差を見せつけられての大敗…。

決めるべきところを確実に仕留めたチリ。赤き精鋭軍団は日本に情け容赦なかった。 (C) Getty Images

画像を見る

 南米王者の力をまざまざと見せつけられた。

 現地時間6月17日に行なわれたコパ・アメリカのグループC第1節で、チリ代表と対戦した日本代表は0-4で完敗した。

 約20年ぶりのコパ・アメリカで序盤こそチリと互角に渡り合った日本だったが、41分にCKからエリク・プルガルに決められて先制点を許すと、迎えた後半は立ち上がりの54分にエドゥアルド・バルガスに追加点を決められて差を広げられてしまう。

 その後もチャンスを創りながらも決めきれない日本に対し、チリは終盤の82分にアレクシス・サンチェス、83分にバルガスが決めて趨勢を定めた。

 この圧倒的な力の差を見せつけられた試合にチリのサッカー専門メディア『Red Gol』は、「チリが牙を剥いた! 日本へのゴールラッシュでコパ・アメリカの開幕は順風満帆な船出」と見出しを打ったマッチサマリー内で母国代表を次のように絶賛した。

「日本人のスピードを巧みにコントロールしたコロンビア人監督レイナルド・ルエダのチームは、良いサッカーと良いチームワークを見せつけた。彼らはここまで苦しんできたが、それが無駄ではなかったと証明する最高の顔をみせたてくれた」
 

 また、同メディアは日本については、こう記している。

「日本は試合中盤から成長した。シバサキとウエダを中心に幾度となくチリの陣内に攻め入ってはゴール目前まで迫ったが、いずれも決めきれず。結果として2連覇中の王者は何も問題はなかった」

 経験と実力差を痛感させられる結果となった日本。果たして、彼らはこの大敗から何を学び、それをいかに次につなげるのか――。注目のグループ第2戦は、現地時間6月20日(日本時間21日8時)にウルグアイと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【日本代表PHOTO】日本0-4チリ|コパ・アメリカ初戦は南米王者に4失点の大敗。再三の決定機を決め切れず…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ