復帰戦イニエスタの鮮烈ゴラッソが決勝弾! 神戸が主役の今季初弾で首位・FC東京に1-0勝利!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月15日

6試合ぶりの先発となったイニエスタがさすがの存在感!

復帰戦で今季初ゴールを決めたイニエスタ。写真:滝川敏之

画像を見る

 J1リーグは6月15日、各地で15節の6試合を開催。味の素スタジアムでは、首位のFC東京とヴィッセル神戸が対戦。1対0でアウェーの神戸が競り勝った。

 神戸は、元スペイン代表の“魔術師”、アンドレス・イニエスタが6試合ぶりの先発。途中出場した11節の鹿島戦以来の出場となった。

 試合は、イニエスタを中心にゲームを組み立てる神戸がポゼッションからゴールを窺い、FC東京が堅守からカウンターで鋭いアタックを仕掛ける展開に。復帰戦となったイニエスタは、随所にハイレベルなスキルを披露し、チームの攻撃に躍動感を与えた。

 そして、均衡を破ったのもイニエスタだった。0-0の同点で迎えた49分、ペナルティエリア左で西大伍からのクロスを受けたイニエスタはインサイドキックで狙い澄ましたコントロールショットを放つと、シュートは鮮やかな放物線を描いて、ゴールネットに収まった。神戸がイニエスタの今季初ゴールで先制に成功した。

 その後、試合はFC東京が反撃に出て、再三神戸ゴールに襲い掛かるも、ゴールを割ることができない。結局、試合は1対0でタイムアップ。イニエスタのゴールを守り切った神戸が勝利を掴んだ。

 神戸は勝点を17に伸ばした。一方、FC東京は勝点33にとどまるも、首位をキープしている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ