日本代表、令和初戦は消化不良の0-0ドロー… 再三の決定機も好守連発の相手GKに阻まれ無得点

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月05日

トリニダード・トバゴを圧倒するもネットを揺らせず…

3-4-2-1のシャドーで先発した堂安にもゴールは生まれず。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 キリンチャレンジカップの日本代表対トリニダード・トバゴは6月5日、愛知・豊田スタジアムで行なわれ、0対0の引き分けに終わった。

 令和となって初戦を迎えた日本は、森保ジャパン発足以来、初の3-4-2-1システムを採用し、1トップにアジアカップ決勝以来の先発となる大迫勇也を起用。2シャドーには中島翔哉、堂安律、ボランチは柴崎岳と守田英正の組合わせ。右ウイングバックに酒井宏樹、左に長友佑都、3バックは右から冨安健洋、昌子源、畠中槙之輔の顔ぶれ。GKにはシュミット・ダニエルが起用された。

 日本は立ち上がりからポゼッションで上回り、大迫勇の高いキープ力を起点に相手ゴールに迫る。2シャドーの中島、堂安もタイミングよく絡み、チャンスを量産した。

 一方のトリニダード・トバゴは自陣やや深めにラインを引き、堅守からカウンターを狙う。しかし、日本は昌子を軸とした3バックと両ウイングバックの素早いカバーリングで安定した守備を披露。相手に付け入る隙を与えない。

 日本は両サイドからバランスの良い攻めを見せ、20分過ぎからは決定的なシーンも創出。しかし、23分には大迫勇が、28分には堂安が決定機を迎えるが、決め切ることができない。さらに40分過ぎには中島が敵陣ペナルティエリア付近から直接FKを狙うが、クロスバーを直撃。

 日本は前半、シュート数16対2と圧倒的に攻め込みながらチャンスを活かせず、0-0で前半を終了した。迎えた後半も日本はボールを支配。トリニダード・トバゴを自陣に押し込んでいく。

 しかし54分、日本は左サイドをレビ・ガルシアに破られ、エリア内への侵入を許してしまう。シュートはGKシュミットの好セーブでなんとか防いだが、この試合初めて危ないシーンを作られた。

 日本は61分、酒井に代えて室屋成、守田に代えて小林祐希を投入。さらに71分には中島、堂安の2シャドーを下げ、伊東純也と南野拓実を起用した。

 日本はその後も圧倒的にトリニダード・トバゴを押し込み、決定機を量産。しかし、柴崎や南野らが迎えた再三の好機も、GKフィリップの神懸かり的な好守に阻まれ、ゴールネットを揺らせない。
 
 結局、日本は終始ゲームを支配しながら、ゴールが生まれず、0-0のスコアレスドローに終わった。なお、ベンチスタートとなった香川真司は最後まで出場機会がなく、注目の久保建英はベンチ入りしなかった。

 日本は9日にひとめぼれスタジアム宮城でエルサルバドルと対戦する。

【日本代表PHOTO】トリニダード・トバゴ戦を彩った「美女サポーター」たち

【日本代表PHOTO】日本0-0トリニダード・トバゴ |令和初戦は無念のスコアレスドロー。再三の決定機を決め切れず…

【柴崎岳 PHOTO】キャプテンを務め中盤で攻守に奮闘!リズムを作り、果敢なスライディングからチャンスも演出!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ