元マドリー指揮官ロペテギがセビージャの監督に就任!急落した評価を取り戻せるか

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月04日

マドリーでは開幕10試合で解任

新シーズンからセビージャを指揮するロペテギ。CL出場獲得が至上命題となる。(C)Getty Images

画像を見る

 6月4日、セビージャが公式ツイッターで、ジュレン・ロペテギ新監督の就任を発表した。入団会見は5日に行なわれる予定だ。

 スペイン紙『Marca』などが報じたところによると、2022年までの3年契約を結んだという。

 現役時代はGKとしてレアル・マドリーやバルセロナでもプレーしたロペテギは、02年に現役を引退した。その後は指導者の道に進み、ユース年代のスペイン代表の監督を歴任。その後に指揮を執ったポルトでの手腕が評価され、16年6月にスペイン代表の指揮官に抜擢された。

 ラ・ロハ(スペイン代表の愛称)では、就任後20戦無敗の好成績を残したが、昨年のワールドカップ開幕直前、大会終了後にマドリーの監督に就任することを電撃発表したため、即座に解任される憂き目にあった。
 
 そのマドリーでも、ラ・リーガ10試合で4勝2分け4敗と結果を残せず。宿敵バルサとのクラシコで1-5の大敗を喫した直後に、任を解かれていた。

 昨夏、ジローナを躍進をさせたパブロ・マチン監督を迎えたセビージャは、シーズン序盤こそ首位争いをするなど好調だったものの、徐々に失速。今年3月にマチンを解任し、ホアキン・カパロスSDが暫定的に采配を振るった後も不安定な戦いが続き、目標であるチャンピオンズ・リーグの出場権を逃していた。

 すっかり評価を落としたロペテギは、セビージャで失地回復なるか。その手腕に注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ