アタランタとインテルが大混戦のCL出場権争いを制す!ミラン、ローマはELへ【セリエA最終節】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月27日

インテルに敗れたエンポリは降格が決定

望外のCL出場権を手にしたアタランタ。その攻撃サッカーは称賛に値する。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間5月26日、セリエAの最終節(第38節)が開催された。

 アタランタ、インテル、ミラン、ローマの4チームに可能性があったチャンピオンズ・リーグ(CL)出場権(4位以内)争いを制したのは、アタランタとインテルだった。

 勝てばCL出場権を獲得できる3位のアタランタは、サッスオーロに先制を許したものの、35分にCKのこぼれ球をドゥバン・サパタが押し込み同点に追い付く。

 さらに53分にアレハンドロ・ゴメスが勝ち越しゴール。65分にはマリオ・パシャリッチのヘッドでリードを広げ、クラブ史上初のCL出場を決めた。

 同じく勝利を挙げれば、目標達成のインテルは、残留争いに巻き込まれているエンポリと対戦。立ち上がりから圧倒的に攻め込みながらも、なかなかゴールが奪えなかったが、後半頭から投入されたケイタ・バルデ・ディアオが強烈な右足のシュートでネットを揺らし、均衡を破る。

 しかし、61分のPKをマウロ・イカルディが失敗すると、76分に同点ゴールを許す。ドローではミランに抜かれる可能性があるインテルは、81分にマティアス・ベシーノがシュート。これはポストに嫌われるも、ラジャ・ラインゴランが決めて再び勝ち越しに成功する。

 終盤はエンポリの猛攻を受けたものの、何とかこのリードを守り切り、4位が確定。2シーズン連続でCLの切符を手にした。
 
 上位2チームが勝利したため、スパルに3-2で勝利を収めたミラン、パルマを破り、“バンディエーラ(旗頭)”ダニエレ・デ・ロッシの最終戦を白星で飾ったローマは、コッパ・イタリアを制したラツィオとともにヨーロッパリーグへ回ることになった。

 なお、インテルに敗れたエンポリが18位となり、フロジノーネ、キエーボとともに降格が決定した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ