【ACL速報】川崎がシドニーFCを圧倒し4発快勝も…。他会場の結果により無念のGS敗退

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月21日

川崎は攻撃的サッカーで終始シドニーFCを圧倒

川崎の未来を担う期待の若手。脇坂泰斗と田中碧が躍動。(C)Getty Images

画像を見る

 5月21日、アジア・チャンピオンズリーグのグループステージ6節、シドニーFC対川崎フロンターレの一戦が、ネットストラタ・ジュビリー・スタジアムで行なわれ、4対0で勝利を収めた。
 
 グループステージ突破には勝利が必須の川崎は、4-2-3-1の布陣で臨んだ。GKはチョン・ソンリョン。最終ラインは右からマギーニョ、舞行龍ジェームズ、谷口彰悟、車屋紳太郎。ボランチに田中碧と守田英正。サイドハーフにドリブラーの齋藤学と、リーグ戦で頭角を現わしてきている脇坂泰斗。トップ下には山村和也。1トップはレアンドロ・ダミアンが務めた。
 
 川崎は試合開始から敵陣でボールを回し、試合を有利に進める。開始3分には山村がドリブルで持ち込み、シュートを放つも、相手の足に当たりゴールの上へ。
 
 ボールの保持を続ける川崎は9分、ペナルティーエリア手前中央で受けた脇坂泰斗が思い切りよく右足で巻いたシュートを放つと、これがゴール右に決まり、川崎が幸先良く先制する。
 
 13分には、L・ダミアンが前線でボールを奪い、フリーでゴールを狙うも相手キーパーの正面に。
 
 積極的にパス回しに参加する脇坂は20分にも、マギーニョのグラウンダーのクロスに反応すると、ダイレクトでゴール左に流し込み2点目を奪取。
 
 止まらない川崎は28分、車屋が左サイドの敵陣深くからクロスを供給すると、これに山村が反応するも触れず。しかし田中がなんとかシュートに持ち込むと相手に当たりコースが変わり、ゴールネットを揺らす。
 
 後半も主導権を握る川崎だったが、52分にシドニーFCに隙を突かれ、ペナルティーエリア内でチョン・ソンリョンとの1対1の機会を与えてしまう。これをレザ・グーチャンネジャドがループシュートで狙うもクロスバーに阻まれ、こぼれ球にイバノビッチが反応するがシュートは枠の上へ。
 
 そして、前半から再三に渡り相手ボールホルダーを追い回していたL・ダミアンの努力がついに実を結ぶ。59分に最終ラインの横パスを奪ったL・ダミアンが、ドリブルで持ち上がり右足を一閃。強烈なシュートにGKも触れることができず、チームの4点目となる追加点を挙げる。

 試合はこのまま川崎がシドニーFCに4-0の完勝。ACLではなかなか結果が出せず苦しんだグループステージだったが、脇坂、田中など、若手の活躍と、川崎らしい攻撃的なサッカーでシドニーFCを圧倒し、最後に意地を見せた。
 
 あとは他会場の結果を待つのみだったが、2位の上海上港も蔚山現代に勝利したため、グループHの順位は変わらず。川崎は3位で昨年に続き、無念のグループステージ敗退となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ