35歳にしてキャリアハイを迎えた長谷部誠、今シーズンの”自己採点”は? 「いい時もそうでない時も両方ありましたけど…」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月19日

快進撃のフランクフルトを支えた35歳のベテラン

怒涛のような今季を終えた長谷部。来季は果たして、どんな姿を見せてくれるのだろうか。 (C) Getty Images

画像を見る

 チャンピオンズ・リーグ(CL)出場の望みをわずかに残していた長谷部誠を擁するフランクフルト。だが、最終節でドルトムントと優勝争いをしていたバイエルンと対戦し、力負け。5-1と完敗を喫した。

 ただし、他会場で行なわれていたホッフェンハイム対マインツでホッフェンハイムが敗れたため、リーグ7位でフィニッシュ。来季ヨーロッパリーグ(EL)予選出場権を獲得した。

 大敗を喫したなかでも、どうにか欧州への切符を手にしたフランクフルト。今季最後の試合を終えた長谷部は、「うーん、両方の思いが入り混じっているというか」と複雑な心境を明かした。

「もちろん、素晴らしいシーズンだったともいえると思うし、逆にシーズン終盤のラストスパートのところで、自分たちがいたポジション(順位)を考えれば、リーグでもよりいい結果を取れたんじゃないか、という思いもある」

 最終節のバイエルン戦では、自力でEL出場を確定するためには、勝ち点1が必要だった。だが、後半に連続失点で一気に試合を決められてしまった。それでも長谷部は、この結果を受け入れていた。

「失点の仕方自体もとにかく軽かったかなと、全体的に…。前半も0-1で終わったけれど、5~6点とられてもおかしくない形が多かった。そういう意味では、今日の大差がついた結果というのは妥当だと思う」

 とはいえ、シーズン終盤は疲労で失速したが、今季はELベスト4に進出。結果として念願のCL出場権は逃したものの、来季ヨーロッパリーグ予選からのチャンスを手にすることができた。

 この”成果”について、シーズン中に35歳を迎えた長谷部は、ポジティブに振り返っている。

「非常に充実していた。いい時もそうでないときも両方ありましたけど、やっぱりこの年齢になっても充実していて、こういう舞台、ELやこういう場所でやっていられるというのは幸せなこと。そしてプレーだけではなく、自分の成長も感じられましたね」

 そして、過密日程で戦い続けたシーズンは終わった。次に長谷部を待つのは、「十数年ぶりに日本代表のないオフ」という夏休みだ。

「これだけ戦ったんで、ゆっくりして、ゆっくりしたいですね」

 そう口にした長谷部は、笑っていた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
ブンデス最終節、ブレーメンはライプツィヒを下す!大迫勇也は先制点に繋がるPKを獲得、勝利に貢献
バイエルンが前人未到のブンデス7連覇達成! “ロベリー”もラストゲームでゴラッソ饗宴!
香川真司、今季4点目のゴールを挙げるも失点に絡むロストで”帳消し”に――。ベジクタシュは優勝の可能性が消滅
「サムライだ!」「もう攻撃陣はいらない」酒井宏樹が鮮やかな左足ボレーでリーグ・アン初得点!MOM級の活躍で昌子源との「日本人対決」を制す
「おとぎ話は幸せなエンディングを迎えた」――バイエルンに7連覇をもたらした“ロベリー”の最後に称賛の声

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ