外国人監督が席巻するプレミアリーグ、最も順位のよかった英国人指揮官は?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月16日

トップ10に入ったのはただひとり

クリスタル・パレスを最終的には危なげなく残留させたホジソン監督(左)と、途中就任でレスターを上昇気流に乗せたロジャース(右)。(C)Getty Images

画像を見る

 今シーズンのプレミアリーグは、リバプールとの歴史に残るデッドヒートを制したマンチェスター・シティの連覇で幕を閉じた。

 ともにハイレベルなチームを作り上げたマンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ(スペイン)とユルゲン・クロップ(ドイツ)をはじめ、チェルシーのマウリツィオ・サッリ(イタリア)、トッテナムのマウリシオ・ポチェティーノ(アルゼンチン)、アーセナルのウナイ・エメリ(スペイン)、マンチェスター・ユナイテッドのオレ・グンナー・スールシャール(ノルウェー)と、例年通り6位までを独占した「ビッグ6」は、すべて外国人監督が指揮している。

 昇格組ながら7位に躍進したウォルバーハンプトンのヌーノ・エスピリト・サント、8位エバートンのマルコ・シウバは、ともにポルトガル人だ。

 では、英国人監督で最も好成績を残したのは誰だったのか?

 その答は、レスターのブレダン・ロジャース(北アイルランド)。2月の末にセルティックの監督を辞して電撃就任すると、下降線を辿っていたチームを立て直しに着手。就任後の10試合を5勝2分け3敗で乗り切り、9位に導いた。
 
「イングランド人」に限定すると、12位クリスタル・パレスの指揮官で、現プレミア最年長監督のロイ・ホジソンがトップだった。

 以下、14位ボーンマスのエディ・ハウ、昨シーズンは“英国人最高位”だった15位バーンリーのショーン・ダイチ、18位カーディフのニール・ウォーノック、そして19位フルアムのスコット・パーカーと続いている。

 この結果は、いかに外国人監督が席巻しているリーグかを顕著に表わしていると言えるだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ