CLに続きEL決勝もイングランド勢対決に!同一国のファイナリスト独占は史上初の快挙!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月10日

CL決勝のプレミア勢対決は11年ぶり

CLの決勝進出を果たしたトッテナム(左上)&リバプール(右上)と、ELのファイナリストとなったチェルシー(左下)&アーセナル(右下)。栄冠を勝ち取るのは?(C)Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグ勢が欧州の舞台で躍動している。

 現地時間5月7、8日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ(CL)の準決勝で、リバプールとトッテナム・ホットスパーが、それぞれ3点のビハインドをはね返す劇的な逆転勝利。前者は2年連続、後者は初めてのファイナル進出を決めた。

 プレミア勢が決勝でぶつかるのは、マンチェスター・ユナイテッドがPK戦の末にチェルシーを下した2007-08シーズン以来11年ぶりとなる。イングランドのチームがビッグイヤーを掲げるのは11-12シーズンのチェルシー以来だ。
 
 その勢いに乗ったのだろうか。現地時間9日に開催されたヨーロッパリーグ準決勝の第2レグでも、アーセナルがバレンシアを、チェルシーがフランクフルトを退けて決勝の地アゼルバイジャンへの切符を手にした。

 アーセナルは19年ぶり、チェルシーは6年ぶりの決勝進出となる。ELのイングランド勢対決は、トッテナムがウォルバーハンプトンを下した1971-72シーズン以来、実に47年ぶりだ(当時はUEFAカップ)。プレミア勢のEL王者が誕生するのは、16-17シーズンのマンチェスター・ユナイテッド以来となる。

 欧州カップ戦のファイナリストを同じ国のクラブが独占するのは史上初の快挙。近年はスペイン勢が猛威を振るってきた舞台で、イングランドのビッグクラブが隆盛を取り戻した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ