【ACL速報】広島、GS突破へ大きな先制点! 広州恒大を相手に1点リードで後半へ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月08日

引き分け以上でグループステージ突破が決定!

CKから佐々木が押し込んで広島が1点をリードして前半を折り返した。写真:徳原隆元

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は5月8日、グループステージ5節を各地で開催。サンフレッチェ広島は、ホームの広島広域公園陸上競技場で中国の広州恒大と対戦している。


 3勝1敗の勝点9でグループF首位の広島は、2位・広州恒大に勝点2差をつけており、今節を引き分け以上で終えれば、ノックアウトステージ進出が確定する。
 
 この大一番で広島は、前線の1トップにパトリック、2シャドーに森島司と野津田岳人を配置。最終ラインは野上結貴、荒木隼人、佐々木翔の3バックでスタートしている。

 広島は立ち上がりから積極的な試合運びでリズムを掴み、15分にはCKからの混戦を佐々木翔が押し込み、先制に成功する。広島がグループステージ突破を大きく引き寄せる1点を奪った。

 その後はブラジル代表のパウリーニョを軸に攻め込む広州恒大に押し込まれる場面が目立つ広島だが、粘り強い守備で凌いでいく。43分には決定的なシュートを撃ち込まれるも、ディフェンス陣が身体を張った守備でブロック。広州恒大に得点を許さない。

 結局、前半は広島が1点をリードして折り返した。広島はこのまま勝利すればもちろん、引き分けでもグループステージ突破が決まる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ