「非常に優れたチーム」中島翔哉所属のアル・ドゥハイルを敵メディアが称賛。アジア通記者も「注目銘柄」と太鼓判

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月07日

アジア通記者は「”カタールの巨人”だ」

アル・サッドと並ぶカタールの強豪として注目され始めている。 (C) Getty Images

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ5節で、グループCのアル・ドゥハイル(カタール)は、エステグラル(イラン)と本拠地アザディスタジアムで対戦。1-1の引き分けに終わった。

 勝点1を積み上げたことで、アル・ドゥハイルは決勝トーナメント進出を決めている。“死の組”と呼ばれたグループで見事に突破を決めた選手たちに、地元メディアは概ね称賛を送っている。

 現地紙『Gulf Times』は、「正直なところアル・ドゥハイルはもっと簡単に勝利するかと思われたが、敵地で苦戦していた」と評した。そのうち、先発出場した中島翔哉については「好機を創出していた。77分には、エル・アラビとのワンツーで抜け出し、GKと1対1のシーンを迎えた。GKに阻まれたが、非常に惜しかったシーンのひとつ」と名前を挙げて称えた。

 カタール地元紙『The Peninsula』も「アル・ドゥハイルはドローでGS突破が決まった。中島は素晴らしいパスやシュートがあったが、ゴールを決め切れなかった」としながらも、「決勝トーナメント進出を一番乗りで決める快挙」と称賛した。

 さらに、敵国イランの『Tehran Times』紙も、「アル・ドゥハイルは非常に優れたチームだ」と賛辞を送っている。

 エステグラルのほか、アル・ヒラル(サウジアラビア)やアル・アイン(UAE)といった各国のトップチームが集結したこのグループCにおいて、アル・ドゥハイルの快進撃を予見していたのが、『Fox Sports』アジア版のガブリエル・タン記者だ。

 まだ3節終了時点の4月22日、タン記者は同メディアのマレーシア版の取材に対して、アル・ドゥハイルの決勝トーナメント進出を“予言”していた。

「彼らが好調なことに驚きはない。もともと西アジアのクラブのうち、アル・ドゥハイルは注目銘柄だった。新たにルイ・ファリアという指揮官を迎え、アジアカップで得点王に輝き優勝の原動力となったアルモエズ・アリ、ユベントスからメディ・ベナティア、そして日本代表の中島翔哉が加わった。彼らがトップパフォーマンスに至れば、“カタールの巨人”は勝ち上がってくる」

 そのアジア通記者の見立て通り、1節を残して勝ち抜けを決めたアル・ドゥハイルは。決勝トーナメントでも”台風の目”になれるか。 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ