原口所属のハノーファーに驚きの「珍事」!バイエルン戦でタッチ数が最も多かったのは、まさかの…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月06日

数的不利を強いられ、一方的な展開に。

王者相手に11本の枠内シュートを防いだエッサー(左)。孤軍奮闘を見せた。(C) Getty Images

画像を見る

 5月4日に開催されたブンデスリーガ32節で、原口元気と浅野拓磨が所属する最下位(18位)のハノーファーは、敵地で首位バイエルンと対戦して1-3で敗れた。

 試合後、驚きのスタッツが明らかになった。なんと、ハノーファーでタッチ数が最も多かったのがGKのミヒャエル・エッサーだったのだ。

 データサイト『Whoscored.com』によると、エッサーのタッチ数は63回で、以下、CBのヴァルデマール・アントンが55回、左SBのミイコ・アルボスノスが51回と続いている。4-3-1-2の右インサイドハーフで先発し、フル出場を果たした原口は35回でチーム9位だった(あと1試合出場すると保有元のアーセナルからの買い取り義務が発生する浅野はベンチ外)。

 立ち上がりから、バイエルンに圧倒的にボールを支配されたうえ、55分には後半頭からピッチに立ったジョナタスが、出場からわずか10分間で立て続けにイエローカードを出されて退場。さらに守備一辺倒になったことが要因のひとつだろう。
 
 そんな劣勢のなか、守護神エッセーは好セーブを連発。実に11本の枠内シュートを防いだ。また、バイエルンのシュートミスも目立ち、ゴールキックが多くなったことも理由に挙げられる。

 とはいえ、GKがチームの誰よりもタッチ数が多いというのは珍しい。この敗戦で残留が極めて難しくなったハノーファーの現状を、象徴するデータと言えるかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ