名古屋、湘南を相手に1-1ドローで2位を死守! 先制許すもシミッチ弾で追いつく

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月04日

前半終了間際にPKを献上したシミッチが後半に同点弾!

前半に先制PKとなるファウルを取られたシミッチだが、後半に同点弾を決めた。写真:滝川敏之

画像を見る

 J1リーグは5月4日、10節の5試合を開催。Shonan BMWスタジアム平塚では、湘南ベルマーレ対名古屋グランパスの一戦が行なわれ1対1の引き分けに終わった。

 試合は、ともに手堅い立ち上がり。なかなかシュートまでいけない膠着した展開となるが、前半終了間際に湘南がGK秋元陽太のフィードからチャンスを掴む。抜け出した岡本拓也がジョアン・シミッチに倒され、PKを獲得。これを山崎凌吾が落ち着いて決め、湘南が先制した。

 前半を1点ビハインドで折り返した名古屋は後半早々の56分、ジョーに代えてガブリエル・シャビエルを投入。すると65分、前田直輝が敵陣右サイドでFKを獲得。G・シャビエルのクロスに、シミッチがドンピシャのタイミングでヘディングシュートを放ち、ネットを揺らす。名古屋が同点に追いついた。

 その後も名古屋が湘南を押し込み、途中出場の赤﨑秀平や長谷川アーリアジャスールのシュートがポストを叩くシーンも。しかし、猛攻もむなしくネットを揺らすことができず、試合は1対1の引き分けに終わった。

 この結果、名古屋は勝点を20として、今節勝利を収めた大分と同勝点ながら得失点差で上回り、2位の座を死守。一方の湘南は同14で10位をキープしている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ