今季ドリブル突破を許した回数、驚異のゼロ! “完全無欠CB”ファン・ダイクが最後に抜かれたのは…

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月29日

14年ぶりにDFでPFA最優秀選手賞を受賞!

今シーズン、圧倒的な存在感を放っているファン・ダイク。そのパフォーマンスの凄みを表わすデータが明らかになった。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間4月28日、イングランド・サッカー選手協会(PFA)は、今シーズンの年間最優秀選手にリバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクを選出した。

 昨年1月にサウサンプトンから移籍したため、レッズでフルシーズンを戦うのは1年目となったファン・ダイクのプレーは、文字通り圧巻だった。守備では卓越した読みと抜群のフィジカル、そして1対1での強さを活かして敵のエースを次々に封殺。攻撃でも正確無比なロングフィードでカウンターの起点となって好機を演出した。

 エデン・アザールやラヒーム・スターリング、セルヒオ・アグエロといった名アタッカーたちを押しのけ、DFとして2004-05シーズンのジョン・テリー(チェルシー)以来、14年ぶりに選出されたファン・ダイク。この巨漢CBの守備能力の高さを物語る一つのデータがある。それはドリブル突破を許した回数だ。
 
 データ集計会社『OPTA』によれば、今シーズンのプレミアリーグ36試合においてファン・ダイクが、ドリブル突破を許した回数は、なんと「0」なのだ。世界各国から選りすぐりの名手たちが集うプレミアリーグにおいて、この数字は驚異的だと言える。

 では最後に抜かれたのは一体いつなのか。それは昨年3月3日に行なわれたニューカッスル戦(プレミア第29節)で、スペイン人MFのミケル・メリーノ(現R・ソシエダ)に抜かれたのがラストだ。ちなみにその試合は2-0で完封勝利を挙げている。

 そこからのプレミアリーグ計45試合で、一度も相手に抜かれていないCBを有しているのだから、今シーズンのリバプールがリーグ最少失点(20)を維持しているのも頷ける。

 現在プレミアリーグでマンチェスター・シティと熾烈な優勝争いを演じているリバプールは、現地時間5月1日から開催されるチャンピオンズ・リーグ準決勝で、強敵バルセロナと対戦する。世界で一、二を争うドリブラー、リオネル・メッシに対し、ファン・ダイクはいかに応戦するのか。そのマッチアップから目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ