香川真司の“美アシスト”に称賛の声相次ぐ!「ツバサのパスをミサキが決めた!」「もっと早く起用して」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月29日

“ライバル”のゴールをお膳立て!

64分から途中出場を果たした香川。短い時間で結果を残した。(C)Getty Images

画像を見る

 4月29日(現地時間)にトルコ・シュペルリギの第30節が行なわれ、香川真司が所属する3位のベジクタシュは、ホームでアンカラギュシュに4-1で快勝。長友佑都を擁する2位ガラタサライと勝点59で並び(ガラタサライの消化が1試合少ない)、首位バシャクシェヒルとの差を3ポイントに詰めた。

 2試合ぶりに先発を外れた香川は、ブラク・ユルマズのPKで3-0にリードを広げた直後の64分からピッチに立つ。4-2-3-1のトップ下に入り、それまでそのポジションを務めたいたアデム・リャイッチは左サイドに回った。

 79分にPKで1点を返された2分後だった。左サイドでボールを受けたリャイッチがドリブルで持ち込み、香川とのワンツーで抜け出ると、技ありのループシュートで4点目をゲット。この美弾で勝負は決した。

 セルビア代表アタッカーのダメ押し点も見事ながら、バイタルエリアでボールを受けた香川の、左足で出したダイレクトパスも秀逸だった。
 
 この香川のアシストに、ベシクタシュの公式ツイッターにはファンから称賛のコメントが寄せられている。

「最高のアシストだった!」
「素晴らしいパスだ」
「カガワをもっと早く起用していたら、さらにリードを広げていた」
「完璧な連携だ!」
「ツバサのパスをミサキが決めた!」

 ベジクタシュは5月5日、宿敵ガラタサライとのインタンブール・ダービーに挑む。リーグタイトルに行方を左右する大一番で、香川はスタメンの座を勝ち取れるか――。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ