香川真司が絶妙のダイレクトパスでライバルの美弾をアシスト!4発快勝のベジクタシュは首位を猛追!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月29日

首位バシャクシェヒルと3ポイント差に

2試合ぶりにスタメンを外れた香川。64分から途中出場し結果を残した。(C)Getty Images

画像を見る

 4月29日(現地時間)にトルコ・シュペルリギの第30節が行なわれ、香川真司が所属する3位のベジクタシュは、ホームでアンカラギュシュと対戦。香川は2試合ぶりに先発を外れた。

 試合はいきなり動く。8分、ギュベン・ヤルチュンのパスを受けたブラク・ユルマズが、右サイドから中に切れ込み右足を一閃。強烈な一撃がネットに突き刺さり、ベジクタシュが先制する。

 しかし、その後はアンカラギュシュに主導権を握られ、防戦一方。枠内シュートを一本も打てずに前半を終える。

 ベジクタシュに追加点が生まれたのは50分。敵からボールを奪ったドゴマイ・ヴィーダがそのまま持ち上がると、いったんボールをはたいて敵のゴール前へ。ブラクの鋭いクロスをGKが弾いたところを、このクロアチア代表DFが左足で押し込んだ。

 さらに60分、カウンターから素早くパスを回して攻め立て、アティバ・ハッチンソンが倒されてPKを獲得。これをブラクが冷静に決めて3-0とリードを広げる。

 この直後にヤルチュンに代わって、香川が途中出場し、トップ下に入る。
 
 79分にPKで1点を返されたベジクタシュは、その直後にダメ押し点を奪う。お膳立てをしたのは香川だ。81分、ポジションを争うアデム・リャイッチからバイタルエリアでボールを受けると、左足で絶妙のダイレクトパスをリャイッチへ戻す。ワンツーで抜け出す形となったセルビア代表アタッカーが、ループ気味にネットを揺らした。

 4ゴールで快勝したベジクタシュは、長友佑都を擁する2位ガラタサライと勝点59で並び(ガラタサライの消化が1試合少ない)、首位バシャクシェヒルとの差は3ポイントと急接近。4節を残し、タイトルレースは三つ巴の大混戦となっている。

 ベジクタシュは5月5日、ガラタサライとのインタンブール・ダービーに挑む。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ