「オクガワは先発に固定すべきだ」1部昇格へ現地サポは直近2戦3発の奥川雅也に期待!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月29日

残り3試合は全勝が必須

ここ2試合で3ゴールと好調な奥川(左)。残り3試合、わずかな可能性にかけてチームを勝利に導くことができるか。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間4月26日、ブンデスリーガ2部の第31節で、奥川雅也が所属するホルシュタイン・キールはザントハウゼンのホームに乗り込み、2-3で敗れた。

 昨夏にオーストリアのレッドブル・ザルツブルクからレンタルで加入した23歳の奥川は、12月にウインターブレーク明けからレギュラー格に。1ゴールを決めた前節のパーダーボルン戦と同様、2トップの一角で先発した。

 奥川は起用に応え、6分にリ・ジェソンのパスをダイレクトで蹴り込み先制点を奪取。逆転されて迎えた44分には、ミドルレンジから左足を振り抜き2点目を奪い、いったんは試合を振り出しに戻す活躍を見せた。

 ベルリンを拠点とする現地紙『WELT』は、「5292人の観客の前で、マサヤ・オクガワは試合開始後のたった6分で素晴らしい先制点を見せつけた」と試合には敗れたものの、2ゴールを記録した奥川を称えている。

 だが、その奥川の活躍もむなしく、キールは3失点を喫して敗北。7位に後退した。

 キールは現在ブンデス1部への昇格争いをしているものの、3試合を残して、自動昇格圏の2位パーダーボルンとは8ポイント差、1部16位との昇降格プレーオフの権利が与えられる3位のウニオン・ベルリンとは7ポイント差(4位のハンブルクも同勝点)と極めて厳しい状況に追い込まれている。

 試合後、チームの公式SNSには、ファンからコメントが殺到。「まだあきらめてはいないけど、この黒星はつらい」「終わったわけじゃない! 勝ち続けることを考えよう」といった激励が多く寄せられている。

 なかには「奥川は固定すべき」といった意見も見られ、ここ2試合で3ゴールを決めている奥川への期待は膨らんでいる。

 キールは、残り3試合すべてで勝利する必要がある。現地時間5月4日に行われる第32節デュイスブルグ戦は、生き残りを懸けた重要な一戦だ。奥川の活躍が期待される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ