【ルヴァン杯】田中亜土夢のゴラッソでC大阪が神戸を撃破!大分対名古屋は2-2の痛み分け|Cグループ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月24日

まさにゴラッソと言える鮮烈ボレーに「シュートを打った瞬間に時が止まったような感じだった」と本人

田中の左足から生まれた先制点が、C大阪に勝利をもたらした。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 ルヴァンカップ4節の8試合が10日、各地で開催。Cグループでは大分トリニータ対名古屋グランパス、セレッソ大阪対ヴィッセル神戸の2試合が行なわれた。
 
 大分対名古屋は、前後半に1点ずつを奪い合い、2-2のドローに終わった。ホームの大分は24分に金井貢史に先制点を奪われたものの、前半終了間際の45分に三平和司が同点弾。さらに、後半立ち上がりの48分に後藤優介が逆転弾を見舞った。しかし、迎えた83分、名古屋の赤﨑秀平に同点弾を許し、引き分けに持ち込まれている。
 一方、C大阪対神戸は、1-0でC大阪が勝利を収めた。決勝点は22分、CKのセカンドボールを拾った田中亜土夢が胸トラップから左足を一閃。イメージ通りにコントロールされたシュートが、右のサイドネットに突き刺さった。まさにゴラッソと言える鮮烈ボレーに、本人も「思い切り打ったのが良かったと思う。シュートを打った瞬間に時が止まったような感じだった」と会心の笑みを見せた。
 
 この結果、Cグループは勝点7のC大阪が首位に浮上。勝点5の名古屋と神戸が2位に付け、勝点4の大分が最下位となった。5月8日の5節では大分と神戸、名古屋とC大阪が対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ