【ACL】浦和、興梠の追撃弾も全北現代に2連敗… グループリーグ突破へ暗雲漂う敗戦

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月24日

開始12分で先制され、後半立ち上がりにも失点…

興梠が1点を返したが、浦和は全北に2連敗を喫した。(C) Getty Images

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は4月24日、各地でグループリーグ4節を開催。全州ワールドカップスタジアムでは、全北現代対浦和レッズの一戦が行なわれ、浦和は1対2で敗れた。

 前節、ホームの埼スタで全北に0-1で敗れた浦和はリベンジを期して臨んだが、試合は開始12分にホームの全北が先制。森脇のクリアをカットしたリカルド・ロペスがそのままドリブルで持ち込み、右足でゴール右にねじ込んだ。

 浦和はなかなか攻め手が見つからず、前半を1点ビハインドで折り返すと、後半立ち上がりにも失点。再び森脇のパスミスを起点にカウンターを許し、最後はキム・シヌクにヘディングシュートを叩き込まれた。

 浦和は58分に、森脇からのクロスを受けた興梠が右足でゴールネットを揺らし、1点を返すが、その後はこれといったチャンスを作れないままタイムアップ。浦和は1対2で敗れ、勝点4にとどまった。グループリーグ突破へ暗雲が漂う結果となっている。一方の全北は勝点を9に伸ばし、首位の座を堅持している。

 浦和は次節(5月7日)、アウェーでブリーラム・ユナイテッドと対戦する。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ