「プレーは良くないけど…FWとしてはこれで正解」川崎FW知念慶、リーグ4戦連発に課題残るも手応え!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月19日

「奈良くんと目が合って」

4戦連発となる貴重な追加点を奪った知念。好調なパフォーマンスを継続中だ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 川崎の24歳のストライカーが4戦連発で連勝に貢献した。

 等々力陸上競技場で行なわれた川崎フロンターレ対湘南ベルマーレの一戦は、川崎が21分に阿部浩之のループショットで先制。主導権を握ると、37分だ。ディフェンラインの奈良竜樹から供給されたスルーパスに知念慶が反応。そのまま抜け出し、GKとの1対1を制して冷静にゴール左に流し込んだ。

 知念はこれでリーグ戦4試合連続ゴール。日本代表の森保一監督が視察する前で決定的な仕事をやってのけ、好調をアピールしてみせた。


 試合は2対0のまま川崎が勝利。試合後、フラッシュインタビューに応じた知念は、ゴールを振り返って「奈良くんと目が合って、すごく良いボールをくれた。迷いがあったが、しっかりゴールに決めることができてよかった」と冷静に語った。

 さらに4試合連続ゴールについて問われると「ここ最近はプレーは良くないけど、ゴールを取れているのでFWとしてはこれで正解なのかなと思ってます」と、プレー内容については課題を感じているものの、結果に関しては手応えを掴んでいるようだ。
 
 川崎はこの勝利が、リーグ戦でのホーム初勝利。5試合目でようやく叶ったホームサポーターへの白星に「長い間待たせてしまったので、これからどんどん連勝を重ねて、もっと等々力で勝利を掴めるように準備していきたい」と語った。

【川崎 2-0 湘南 PHOTO】あの男の4戦連続弾でホーム初勝利&祝100試合出場セレモニーでは守護神が子供たちとニッコリ!
【関連記事】
FW知念慶が代表監督御前試合で4戦連発弾! 川崎が湘南を下し暫定5位浮上!!
首位攻防戦を制したのはFC東京!久保欠場もエースの4戦連発弾で競り勝つ。広島は今季初黒星
レアルの15歳・中井卓大は日本人初となる“トップ昇格”を果たせるのか――。「18歳」がひとつの分岐点に
ソン・フンミンがアジア人のCL最多得点記録を更新! 次に狙うは偉大なる同胞の“神話”超え
「モドリッチに近い選手になる!」マドリー下部組織指揮官が凱旋中の15歳・中井卓大を絶賛!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ