キャプテンはく奪から戦列復帰のイカルディ、インテルサポから罵倒も結果で“反論”!「払うべき代償を払った!」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月04日

注目の妻、ワンダはなんと語った?

自軍サポーターからブーイングを浴びせられるなか、イカルディはゴールを決めて気概を見せた。 (C) Getty Images

画像を見る

 53日ぶりのピッチでスタメンに名を連ね、ポストを叩くシュートを放ち、相手選手を退場に追いやり、PKで2カ月以上ぶりの得点を記録して、“敵”と言われたチームメートへのアシストもマーク。インテルのマウロ・イカルディの復帰戦は、この上ない結果だったと言えるだろう。

 今年2月13日にクラブからキャプテンマークをはく奪されて以降、イバン・ペリシッチをはじめとする一部チームメートとの確執やクラブとの対立が騒がれてきたイカルディは、4月3日に行なわれたセリエA第29節のジェノア戦でようやく戦列に復帰した。

 ルチアーノ・スパレッティ監督が先発起用を明言した2日、インテルのウルトラス「クルヴァ・ノルド」は、声明でイカルディを痛烈に批判。クラブに放出を求め、「イカルディはもうインテルの一員ではない」と、決別を宣言していた。

 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』によると、実際、ジェノア戦前のウォームアップでは、インテルのサポーターから「クソったれ、出ていけ」と、イカルディには罵声が飛んでいたという。

 だが、背番号9はチームが先制して迎えた20分、カウンターからポストを叩くシュートを放つと、39分の決定機で相手に対するレッドカードを誘発。直後のPKを自ら決めた。
 
 イカルディのゴールは実に1月31日のコッパ・イタリア準々決勝以来となる。セリエAでは、昨年12月15日のウディネーゼ戦(16節)以来、約4か月ぶりの得点だ。これでインテルでの通算得点が「123」となって、元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリに並び、クラブ歴代8位タイに浮上した。

 さらにイカルディは54分にペリシッチのチーム3点目もアシスト。一連の騒動で確執が取りざたされていたチームメートに花を持たせ、抱擁もかわした。数的優位のインテルは、その後さらに1点を加え、4-0と快勝している。

 試合後、代理人も務める妻のワンダ・ナラは、「誇りに思うわ。いつもあなたと一緒よ」とツイート。スパレッティ監督も「もっと得点できたが、彼は良い試合をした。チームはすべてにおいてインテルを優先させたんだ」と述べた。

「イカルディは払うべき代償を払った。チームをリスペクトしなければ、外れるのが正しい。これで彼も加わり、我々はもっと強くなれる。彼はチームと連携しなければいけないし、チームは彼が得点できる状況にしなければいけない。PKで彼は気質を示した」

 同節でライバルのミラン、ラツィオ、ローマが勝点を落とし、来シーズンのチャンピオンズ・リーグ出場権争いで一歩優位に立ったインテル。次節は7日にホームでアタランタと対戦する。ラウタロ・マルティネスの負傷もあり、再び先発出場が見込まれるイカルディは、本拠地サン・シーロでどのようにファンから受け止められるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ