「これが日本の伝説ホンダ!」 4戦ぶりPK弾で大逆転優勝に望みを繋いだ本田圭佑を豪メディアが絶賛!!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月31日

首位パース撃破に貢献!

攻守に渡って獅子奮迅の活躍を見せた本田に、オーストラリア・メディアからも絶賛の声が相次いだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 タイトルレースへの生き残りが懸かった一戦で、日本サッカー界のカリスマが魅せた。

 現地時間3月30日、オーストラリア・Aリーグ第23節が行なわれ、3位のメルボルン・ビクトリーは首位パース・グローリーを2-0で破った。

 この試合で決定的な働きをしてみせたのは、メルボルン・Vの本田だ。この日も4-3-1-2の右インサイドハーフで先発出場を飾った背番号4は、立ち上がりから文字通りエンジン全開。中盤でボールを受け、チームのビルドアップを巧みに操舵したかと思えば、ゴール前まで攻め上がってシュートを放つなど、積極的な姿勢を見せた。

 そんな本田に、この日、最大の見せ場が訪れたのは、チームが1点をリードして迎えた67分だ。

 メルボルンのテリー・アントニスが放った浮き球のパスが、ペナルティーエリア内で相手DFスコット・ネビルの腕を直撃。これがVAR判定の末にPKとなると、この絶好機にキッカーとなった本田は左足で冷静にゴール右へ蹴り込んで、今シーズン7ゴール目を奪った。

 4試合ぶりのゴールを決めた本田の活躍もあって、メルボルン・Vは勝利。首位パースとの勝点差を「7」に縮め、大逆転優勝へ望みを繋いだ。

 フル出場でチームの連勝に大きく貢献した本田には、オーストラリア・メディアも賛辞を送っている。

 オーストラリア・メディア『The World Game』は、「メルボルンが栄光を勝ち取ってタイトルレースに生き残る!」と銘打ったマッチサマリーのなかで、本田のプレーを次のように描写した。

「これが、日本の伝説であるホンダだ。緊張感のある場面にもかかわらず、地を這うシュートを突き刺し、何の問題もなく得点を決めたのだ。この一戦にメルボルンが勝ったことで、Aリーグのタイトルレースはまだ進行中となった」

 また、『Fox Sports』が「ケイスケ・ホンダがメルボルンを勝利に導いた」と称えれば、豪紙『Standard』も「ケイスケ・ホンダがパース撃破に貢献した。彼が首位チームに土を付けさせ、メルボルンを生き残らせたのだ」と絶賛している。

 Aリーグは残り4試合。大逆転での優勝を目指すメルボルン・Vには、もう一つの試合も落とせない状況が続くが、果たして大願を成就させられるだろうか。その厳しいなかでの本田のパフォーマンスに注目したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ