「僕は右サイドの選手じゃない」“絶好調”乾貴士が見せたこだわり【日本代表】

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年03月20日

「コンディションは上がっている」と手応え

クラブで好調を維持している乾。ロシアW杯の時と同じ14番を背負って3月シリーズに挑む。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 3月22日にコロンビア戦(日産スタジアム)、26日にボリビア戦(ノエビアスタジアム神戸)を控える日本代表が20日、神奈川県内でトレーニングを行なった。

 ロシア・ワールドカップ以来の代表復帰を果たした香川真司とともに注目を集めるのが、MF乾貴士だ。1月に移籍したアラベスで2試合連続ゴールを挙げるなど好調を維持し、加入後はチームも6戦無敗(3勝3分け)。ここまでラ・リーガで5位と大躍進を見せているチームの牽引車となっている。

 これまで日本代表では左サイドでの出場が多かったが、アラベスでは右サイドが主戦場。左サイドのホニと頻繁にポジションチェンジをしながら抜群の連携を見せ、このポジションがすっかり板についてきた。

 ただ、その点については、「だからと言ってすぐ律(堂安)の代わりに出られると思っていない。これまでほとんどやったことがなかったポジションで新鮮ですけど、チーム事情でそうなっているだけで、僕は右サイドの選手じゃないんで」と、あくまで左サイドへのこだわりをのぞかせた。
 

 アジアカップではバックアッパーに甘んじ、3試合のみの出場に終わった。ただ、当時とは状態がまったく違う。

「あの時はクラブでほとんど試合に出ていなかった。コンディションは上がっている」

 この3月シリーズを「アピールの場」と位置付けた乾。「律、拓実(南野)、翔哉(中島)の3人は日本の武器だと思う。そこに割って入れるように結果を残すだけです」と力強く語った。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ