【J1採点&寸評】仙台1-3神戸|MOMはVIPトリオの動きに対応した日本人アタッカー!! リージョ監督の修正力がスターたちを光らせる!

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2019年03月10日

仙台――30分までは悪くない展開だったが…

【警告】仙台=なし 神戸=三田(71分)、西(82分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】古橋亨梧(神戸)

画像を見る

[J1リーグ3節]仙台1-3神戸/3月10日(日)/ユアスタ
 
【チーム採点・寸評】
仙台 5

前半30分までは決定機も多く作れて先制に成功したが、その後は相手の流動的な動きを捕まえきれず前半のうちに同点とされ、後半はやすやすとカウンターから失点を重ねた。終盤の長沢投入も実らず完敗。

 
【仙台|採点・寸評】 
GK
1 シュミット・ダニエル 5.5
前半途中からオープンな展開に持ち込まれ、GKの責任と言えない失点もあったが、DFとの連係やポジショニングなど細かい部分にこだわれば防げた失点もあった。
 
DF
13 平岡康裕 5
前半立ち上がりは攻撃参加も見られ、先制点の場面でも良い位置取りができたが、先制点後は個の能力の高い相手に背後を取られる場面も多かった。
 
27 大岩一貴 4.5
背後のスペースを突かれたり、逆に前のスペースを使われたり、相手の強力攻撃陣を自由にさせすぎた。64分にはポドルスキのシュートをクリアし切れずオウンゴールも。
 
2 永戸勝也 5.5
ここ2試合よりも敵陣でクロスを上げる場面も増え、攻撃参加は脅威に。自身のコーナーキックで先制点をアシストしたが、守備面では軽さも目立った。
 
MF
23 シマオ・マテ 6.5
神戸の超一流選手に唯一個で対抗できていた選手。的確な間合いを取ってのボール奪取は見事で、守備時のポジショニングも良かった。彼がいなければさらに大量失点となった可能性も高い。
 
6 兵藤慎剛 5(72分OUT)
守備で奮闘しようとはしていたが、動きすぎるあまり、中盤でスペースを空ける場面が目立ち、オープンな展開に持ち込まれてしまった。
 
4 蜂須賀孝治 5
序盤は攻守に思い切りの良さを出せていたが、徐々にミスが目立ち、後半立ち上がりのジャーメインとの連係ミスから失点したのは痛恨。プレー精度に課題。
 
14 石原崇兆 5.5
攻撃面では鋭い縦突破からクロスやシュートで決定機を作り出し、良い面も見られたが、対人守備でもう少し強さを見せたかった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ