マルセロがユベントス移籍で合意か! C・ロナウドと「黄金コンビ」を再結成も

カテゴリ:移籍情報

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年03月08日

マドリーのペレス会長は移籍金として…。

マルセロ(左)は盟友C・ロナウド(右)を追う形でユベントスに加入するのか。(C)Getty Images

画像を見る

 ユベントスはまたもレアル・マドリーからビッグネームを引き抜くのか。現地時間3月7日にトリノ発の全国紙『ラ・スタンパ』が、ブラジル代表SBのマルセロと年俸1200万ユーロ(約15億6000万円)の4年契約で個人合意したと報じた。
 
 2018年夏にマドリーからクリスチアーノ・ロナウドを獲得したユベントスは、当時もマルセロへの関心が囁かれていた。今シーズンはマルセロが1月に入ってレギュラーの座を失い、退団が噂されていただけに、その隙を突いて接触したか。
 
 C・ロナウドとマルセロは、マドリーの左サイドで抜群の連携を誇った黄金コンビ。プライベートでも馬が合い、C・ロナウドはマルセロをトリノに誘っていると何度も報じられてきた。
 
 ユベントスの左SBでは、アレックス・サンドロが昨年末に2023年まで契約延長したばかりだが、今シーズンは安定感がないだけにマルセロが加入するとなれば売却か。本人は以前からプレミアリーグが夢と語っており、実際にマンチェスター勢やチェルシーが関心を示していると言われている。
 
 ただ、仮にユベントスとマルセロが合意したとしても、もちろんマドリーが「YES」を出さなければ移籍は成立しない。フロレンティーノ・ペレス会長は売却許可を出しているものの、移籍金として5000~6000万ユーロ(約65億~78億円)を求めているという。今後の焦点はこのクラブ間交渉だ。
 
 はたして、マルセロはユベントスに新天地を求め、C・ロナウドと再びコンビを組むことになるのか。注目が集まる。
 
構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月13日号
    5月23日発売
    2019年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    中盤戦「必勝プラン」
    浦和ダイジェストも必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ