【ACL展望】浦和×ブリーラム|新加入の鈴木らが先発か?天敵P・ジュニオールを止めろ!

カテゴリ:カテゴリ

轡田哲朗

2019年03月06日

阿部、橋岡、鈴木らの先発出場が濃厚

故障者/青木、ファブリシオ
出場停止/なし

画像を見る

ACLグループリーグ1節
浦和レッズ-ブリーラム・ユナイテッド
3月6日(火)/19:30/埼玉スタジアム2002
 
浦和レッズ
2019年成績(J1):17位 勝点1 0勝1分1敗 0得点・2失点
 
【最新チーム事情】
●スタメンは数人が入れ替わるか。
●鈴木は元同僚P・ジュニオールの性格を分析。
●復帰が待たれる武藤「状態は、いけると思っている」と意気込む。
●ACLデビューもあり得る橋岡は駆け引きを重視。
 
【担当記者の視点】
 今季がスタートしてから公式戦3試合連続で、無得点で勝利なしという苦しい状況で、ACLの開幕を迎える。直近の札幌とのリーグ戦からは中3日で、この後は中国遠征(ACLの北京国安戦)を含むアウェー3連戦。数人のメンバー変更が視野に入っている。
 
 なかでも阿部と橋岡は札幌戦でベンチ外となり調整しているだけに、このブリーラム戦でふたりを起用しようという指揮官の意図が見て取れる。柏木と長澤は札幌戦で途中交代しているが、よりプレータイムの長い柏木に代わってエヴェルトンを起用することも考えられる。2トップもどちらか1枚を変更するかもしれない。このあたりは交代策も含めての総力戦ということになりそうだ。
 
 指揮官が度々信頼を語る武藤はすでに全体練習に合流。本人が「いけると思っている」と言う状態で、「距離感が良くない面があり、サイドが孤立している。チームの攻撃がうまく回るようにしたい」と、すでに試合へ向けての準備は整っている。そして、「2年前に優勝できたのも、ホームでの勝利があってこそ」と、この大会におけるホーム&アウェーの違いと大切さを経験から語った。
 
 前日練習は冒頭15分のみの公開だったが、マウリシオは早めに引き上げており、最終ラインの一角には、新加入の鈴木が入る可能性が高そうだ。岩波とどちらが中央を務めるかは分からないが、ブリーラムに加入したP・ジュニオールは岩波の神戸時代、鈴木の新潟時代の同僚。鈴木はP・ジュニオールについて「冷静なタイプではない。スペースを消してフラストレーションを溜めるようなことをしたい」と、元チームメートならではの分析を語った。
 
 昨季に鮮烈なプロデビューを飾り、そのままリーグ戦でレギュラーに定着した橋岡は、出場すればACLのデビュー戦。すでに年代別代表においてアジアでの戦いは熟知しているが、同じ3バックが予想される相手に「駆け引きは常に必要。しっかりと相手の特徴を掴んで、周りの選手とも話し合って試合に入りたい」とゲームを見据えた。
 
取材・文●轡田哲朗(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月13日号
    5月23日発売
    2019年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    中盤戦「必勝プラン」
    浦和ダイジェストも必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ