DAZN週間ベストゴールを見逃すな! J2編の注目は田中達也の強烈ミドル!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月05日

千葉戦でスタメン出場した田中達也が30分に魅せる!

この日は得意のドリブルではなく、強烈なショットで観客を魅了。田中は健在っぷりを多くの人に見せ付けた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 3月2日と3日にJ2リーグ2節が各地で実施された。飛び出したゴールは33。その中にはJ1にも負けずとも劣らないスーパーショットもあり、多くのサポーターが得点に酔いしれたことだろう。
 
 その33ゴールのなかからDAZNが厳選し、3月4日にJ2の週間スーパーゴールを発表した。今回、ピックアップされたのは4つの秀逸弾だ。

 首位の水戸を牽引する清水慎太郎のジャンピングボレー、清武弘嗣(C大阪)の実弟で今季から徳島に籍を移した清武功暉のアクロバティックな一撃、岡山の今季初勝利に貢献した仲間隼斗の左斜め45度からのコントロールショット。いずれも美しいゴールだが、注目は最後に取り上げられた田中達也(新潟)の強烈ミドルだろう。

 3日に行なわれた千葉戦。敵地に乗り込んだ新潟の一員として、スターティングイレブンに名を連ねると、30分に見せ場がやって来る。敵陣の中央で戸嶋祥郎がボールを奪うと、こぼれ球を拾った田中が2タッチで前を向く。一瞬にしてシュートコースを見極めると、ゴールまで約25メートルの位置から迷わずに右足を振り抜いた。
 

 シュート回転でゴールに向かうと、見事に左サイドネットに突き刺さり、チームに貴重な先制点をもたらした。田中にとっては今季初得点。右手の人差し指を天にかざし、喜びを爆発させると一目散にベンチへ駆け寄った。これで勢いに乗ったチームは4-1で快勝し、今季初勝利を掴んだ。
 
 プロ19年目を迎えた田中は現在36歳。帝京高から浦和に加入すると、得意のドリブルで一世を風靡した。2003年にはナビスコカップ(現ルヴァンカップ)でチームの初優勝に貢献し、自身もMVPを獲得。日本代表でも16試合に出場するなど、長きに渡って第一線で活躍してきた。2013年に加わった新潟でも攻撃センスは健在。昨季も31試合に出場して、ベテランらしいプレーでチームを支えていた。
 
 稀代のドリブラーが叩き込んだミドルシュート。3年ぶりのJ1復帰を目指す新潟で、その力はまだまだ衰えていないことを証明した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月3日発売
    欧州サッカー
    「衝撃の新世代」
    次代にスターを追え!
    4大リーグ序盤戦点検も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ