ジェイ、チャナティップ、A・ロペスの攻撃陣が不発…札幌のペドロヴィッチ監督が語った開幕戦の敗因

カテゴリ:Jリーグ

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2019年02月23日

「1点先に取れていれば、試合の展開は...」(ペドロヴィッチ監督)

ペドロヴィッチ監督が悔やんだのは後半の入り方。相手の勢いに押され、意に反してロングボールを多用した点を反省点として挙げた。写真:田中研治

画像を見る

[J1リーグ1節]湘南2-0札幌/2月23日/BMWス
 
 流れを掴んだ前半にゴールを決め切れず、後半は相手の勢いに飲まれた。終わってみれば0-2。J1に昇格した2017年以降、3年連続で開幕戦を落とす結果となった。
 
 湘南との開幕戦後、ペドロヴィッチ監督は「前半は非常に良い入りができたと思っている。前で狙いとする形からチャンスを作れたし、選手たちが勝ちたいという気持ちを出してくれた」と前半の出来を評価。その一方で、「後半は非常に入りが悪く、相手が前からプレッシャーをかけてきたのでそこを外すのではなく、前に長いボールが入ることが多かった」とセカンドハーフの内容に問題があったとした。
 
 指揮官が振り返った通り、前半に主導権を握ったのは札幌だ。最前線のジェイ、2シャドーのアンデルソン・ロペスとチャナティップが高い位置でボールを受け、左ウイングバックの菅大輝も絡めながら何度も相手ゴールに襲い掛かった。

 24分には福森晃斗の左クロスを進藤亮佑がファーサイドで折り返し、ジェイが決定機を迎えた。惜しくもこれはGKに阻まれたが、ゴールが決まっていても不思議ではないシーンだ。

 これだけ攻め込んでいれば、札幌に得点が生まれるのも時間の問題かと思われた。しかし、この日の札幌は決定力を欠き、前半のうちに先制点を決め切れない。「1点先に取れていれば、試合の展開は違ったかもしれない」と指揮官が嘆いたように、流れを変えられていた可能性もあった。それだけに悔やまれるのは確かだ。

 それでも、流れは悪くはなかった。だが、ハーフタイムを終えると相手の勢いに押される展開に。前半に見せた勢いがまるでなくなった理由について、ペドロヴィッチ監督はこう語った。
 
「われわれの戦い方はいつも同じようなやり方で、後ろの選手がどんどん出ていく。そのなかで前半は、選手たちが良いポジションを取って良い攻撃ができていた。ただ、後半はなかなかうまくいかず、ビルドアップのところで上手くできなかった。なので、セカンドボールを拾われる回数も多くなった」
 
 後半は湘南のハイプレスに苦しんだ。後ろから繋ぐことができず、意に反して最終ラインから長いボールを蹴らされた。「選手たちが勇気をもってビルドアップをして欲しかった」と指揮官は注文を付け、「その中でミスは起こるわけで、そこからカウンターを食らうのは我々のサッカーの中では仕方がない。繋ぐのを怖がってしまうのは、良くない」と自分たちの戦い方を貫くべきだとした。
 
 決定力不足と後半の入り方。ふたつの課題を露呈した“ミシャ札幌”は次節まで改善できるのか。「自分たちのサッカーを前半はできていた」と主将の宮澤裕樹が認めたように内容は悪くない。それだけに、2日に行なわれる浦和とのアウェーゲームまでに修正が求められる。

取材・文●松尾祐希(サッカーダイジェストWEB編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ