「オー、ノー!」と悶えながらも“危機”を乗り越えたリバプールMF、下痢にも負けず勝利に貢献!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月11日

1ゴールをゲットする活躍を披露

ハーフタイムにはトイレに駆け込んだというヴァイナルダム。1ゴールを奪う活躍でチームの勝利に貢献した。(C)Getty Images

画像を見る

 リバプールのジョルジニオ・ヴァイナルダムは、2月9日のプレミアリーグ第26節ボーンマス戦で、体調不良にもかかわらず先発出場し、77分までのプレーで1得点をあげるなど勝利に貢献した。

 膝の問題で前節のウェストハム戦を欠場していたヴァイナルダム。英紙『Guardian』によると、7日に膝の件で処方された錠剤を飲んだことが胃のトラブルにつながったという。

 ヴァイナルダムは、「胃痛を誘発するかもしれない錠剤だった。実際に服用して痛みを感じたんだ。その錠剤からくる痛みだと思った」と振り返った。

「最後は吐くようになってしまい、みんながちょっと心配していた。8日は練習せず、ほかの選手たちに感染するかもしれないからと、ホテルで寝ることもできなかったんだ」

 そして試合当日、ヴァイナルダムはユルゲン・クロップ監督から問われた際、出場に向けて前向きな答を返した。だが、「朝の時点でまだ弱っていたし、下痢だったんだ」と明かしている。

「錠剤はすごく(膝の)助けになった。でも、ハーフタイムもすぐトイレに走らなければいけなかったんだ。『オー、ノー!』って感じだった。でも、駆け込んでなんとかコントロールできたのさ」
 
 2試合連続ドローでマンチェスター・シティに勝点差を詰められていたリバプールだけに、ヴァイナルダムは「勝てばいつだって反応は良い。3得点・無失点ならなおさらだ」と喜びを表わしている。

 だが、消化が1試合少ないとはいえ、シティとは同勝点だ。ヴァイナルダムは「1試合だけでなく、すべての試合で答を出していかなければいけない」と、シティとのタイトルレースに意気込んだ。

「(シティと競うのは)難しいことだけど、それは最初から分かっていたこと。僕らは自分たちのパフォーマンスと結果をコントロールしなければいけない。すべての試合で全力を尽くし、そして結果を見てみよう。僕らが良くなっているのは、開幕時と比べて分かるはず。前進し続けなければ」

 悲願のリーグ優勝を目指すリバプール。19日のバイエルンとのチャンピオンズ・リーグ決勝トーナメント1回戦第1レグを経て、リーグ次節は好調マンチェスター・ユナイテッドと敵地で対戦する。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ