鳥栖が8人目の外国籍選手を獲得! 年代別クロアチア代表歴を持つ26歳DFブルシッチが加入

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月09日

名門ディナモ・ザグレブでもプレー

鳥栖がクロアチア人DFのブルシッチを獲得した。(C) Getty Images

画像を見る

 サガン鳥栖は2月9日、クロアチア国籍のDFカルロ・ブルシッチが完全移籍で加入することを発表した。背番号は20となる。

 現在26歳のブルシッチはクロアチアの名門、ディナモ・ザグレブの下部組織でキャリアをスタート。NKセスヴェテ、NKロコモティヴァ・ザグレブを渡り歩き、16-17シーズンからはイスラエルのFCアシュドッドでプレーしていた。今季は17試合に出場、得点は記録していない。

 鳥栖にとって8人目の外国籍選手となるブルシッチは、昨季レギュラーの高橋祐治、今季新加入のニノ・ガロヴィッチとともにセンターバックの座を争うことになりそうだ。また、今季からJリーグは外国籍選手のチーム登録が無制限となるが、試合にエントリーできる外国籍選手は5人まで。この枠に入る争いも熾烈になりそうだ。

 ブルシッチはクラブを通じて、以下のコメントを発表している。
 
「サガン鳥栖を愛するファン・サポーターの皆さんこんにちは、カルロ・ブルシッチです。サガン鳥栖ファミリーの一員になれたことをとても嬉しく思います。このチャンスを与えてくれたクラブに感謝致します。日本での新たなチャレンジにとてもワクワクしていますし、サガン鳥栖サポーターの素晴らしい応援を背に、全ての試合において全力でプレーすることを約束します。応援よろしくお願いします!」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月1日発売
    夏の恒例企画が登場!
    2019-2020シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ