最新FIFAランキング、日本は23か国抜きの27位に大躍進!! 2013年4月以来の20位台に!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月07日

アジアカップの結果を受けて、アジア勢の順位が大きく変動! 日本はアジア勢2位に浮上!!

アジアカップの結果を受けて、日本のFIFAランキングも大幅なアップを見せた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 FIFA(国際サッカー連盟)は2月7日、最新の世界ランキング(男子)を発表。前回まで50位だった日本は、27位と一気にジャンプアップを果たしている。

 2月1日にカタールの優勝で閉幕したアジアカップを経て初めての発表となった最新の世界ランキングは、アジア以外の主だった大陸で代表戦がほとんど行なわれなかったため、順位の変動はアジア勢が位置する20位台以下で見られた。

 そのなかで、やはりアジアカップの影響は大きく、同大会準優勝の日本は順位を23ランク上げて27位に急浮上。日本が20位台にランクされたのは、2013年4月以来となる。上位進出もさることながら、ランキング上位のイランを破ったことも大幅な順位上昇につながったとみられる。さらに、優勝したカタールも前回93位から55位へと大きく飛躍した。

 一方、アジア最上位でアジアカップ4強のイランは、前回29位から順位を7つ上げて22位に前進。同8強で前回41位のオーストラリアは42位と1つ順位を下げた。オーストラリアは、アジアカップでランキング下位のヨルダン(109位→97位)、UAE(79位→67位)などに敗れ、順位の上昇にはつながらなかったようだ。

 また前回53位の韓国はアジアカップ8強の結果を受けて、順位を15上げて38位に、日本に敗れ同16強となった前回69位のサウジアラビアは70位となっている。

 総合首位はベルギーで、1ポイント差の2位にフランス。3位はブラジル、4位クロアチアと入り、5位イングランド、6位にポルトガルなどとなっている。次回の男子ランキングは、3月下旬のインターナショナルマッチウィーク後の4月4日に発表される予定だ。

 最新FIFAランキングの上位30傑とアジアカップ上位国の順位は以下の通り。
 
1 ベルギー
2 フランス
3 ブラジル
4 クロアチア
5 イングランド
6 ポルトガル
7 ウルグアイ
8 スイス
9 スペイン
10 デンマーク
11 アルゼンチン
12 コロンビア
13 チリ
14 スウェーデン
14 オランダ
16 ドイツ
17 メキシコ
18 イタリア
19 ウェールズ
20 ポーランド
20 ペルー
22 イラン
23 オーストリア
24 セネガル
25 ルーマニア
25 アメリカ
27 日本
28 チュニジア
29 スロバキア
30 ウクライナ

アジアカップ16強国のFIFAランキング
29→22 イラン(アジアカップ4強)
50→27 日本(同準優勝)
53→38 韓国(同8強)
41→42 オーストラリア(同8強)
93→55 カタール(同優勝)
79→67 UAE(同4強)
69→70 サウジアラビア(同16強)
76→72 中国(同8強)
88→80 イラク(同16強)
95→89 ウズベキスタン(同16強)
82→90 オマーン(同16強)
91→95 キルギス(同16強)
109→97 ヨルダン(同16強)
100→99 ベトナム(同8強)
113→111 バーレーン(同16強)
118→115 タイ(同16強)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月14日号
    10月24日発売
    2019年J1&J2全40クラブ
    先取移籍マーケット
    冬の補強戦略
    U-17W杯開幕ガイドも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ