【愛媛】J1昇格を狙うチームの起爆剤となるか!? 元日本代表の山瀬功治を獲得!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月05日

日本代表として13試合・5得点!実績十分のベテランMFだ

昨季J2で29試合に出場していた山瀬。シーズン終了後に福岡との契約が満了になっていた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2月5日、愛媛FCは昨季まで福岡でプレーしていた元日本代表MF、山瀬功治の獲得を発表した。

 繊細なボールタッチとドリブル突破が魅力の山瀬は北海高を卒業後、2000年に札幌でプロとしてのキャリアをスタート。1年目から出場機会を掴んで14試合に出場すると、J1に昇格した翌年にはレギュラーとして、24試合・3得点の活躍を見せた。10番を託された2002年は右膝の靭帯を断裂して満足のいくシーズンを送れなかったものの、翌年に浦和へ移籍。チームのナビスコ杯(現ルヴァンカップ)優勝に貢献するなど、充実の時を過ごした。
 
 2005年には札幌時代の恩師・岡田武史監督が指揮を執る横浜へ加入。10番を背負い2010年まで攻撃の核として活躍を見せた。以降は2011年に川崎、2013年からは京都でプレー。そして、2017年から加わった福岡ではボランチとしても起用され、新境地を開拓した。

 昨季もJ2で29試合に出場し、精神的支柱として存在感を示していたものの、シーズン終了後に契約満了で福岡を退団。その後の移籍先が注目されていた。

 自身7クラブ目となる新天地は、初めて四国を本拠とするクラブ。チームを初のJ1昇格に導くべく、プレーの幅を広げたベテランに起爆剤として期待が懸かる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月1日発売
    夏の恒例企画が登場!
    2019-2020シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ