Jクラブの脅威にも!? ベルギー代表の巨漢MFフェライニが15億円で中国へ電撃移籍!

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月02日

モウリーニョ退任後に居場所を失い…

パワフルなプレーが売りのフェライニ。プレミアリーグでも屈指だったその力は、アジアでも存分に発揮されそうだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 日本の脅威ともなったベルギー代表戦士が、中国へやって来た。

 現地時間2月1日、マンチェスター・ユナイテッドは公式サイトで、ベルギー代表MFのマルアン・フェライニが中国スーパーリーグの山東魯能へ移籍したことを発表した。

 英公共放送「BBC」によれば、移籍金は1040万ポンド(約15億3000万円)で、サラリーはユナイテッドで受け取っていた額の倍にあたる、週23万5000ポンド(約3460万円)になるという。

 フェライニは2013年9月にエバートンからユナイテッドに加入し、194センチ・85キロという巨漢を最大限に利したパワフルなプレーが重宝された。当たりの激しいプレミアリーグにおいても、空中戦ではほぼ無敵で、時に主戦場のボランチではなく、CFとして起用されることもあった。

 昨夏にユナイテッドと2020年6月まで延長契約を締結したフェライニだったが、昨年12月にジョゼ・モウリーニョが解任され、オレ・グンナー・スールシャール暫定体制が発足すると、ふくらはぎ負傷の影響で出遅れたこともあって、公式戦2試合(計31分間)でしか起用されていなかった。

 そんななか、1月31日にフェライニは自身のSNSで、「レッツゴー」という言葉とともに、中国へ旅立つ画像を掲載。翌2月1日にユナイテッドが正式発表したことで、契約が締結された。

 巨額オファーで現役ベルギー代表MFの獲得にこぎつけた山東魯能は、元イタリア代表FWのグラツィアーノ・ペッレや元ブラジル代表FWジエゴ・タルデッリなどのビッグネームを擁するチームだ。

 昨シーズンは中国スーパーリーグで、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内の3位に入っており、2月19日に行なわれるACLの東地区プレーオフを勝ち抜いた場合、同じくプレーオフを戦う鹿島アントラーズと同じグループに入る可能性もある。

 昨夏のロシア・ワールドカップの日本戦でもゴールを決めるなど、実力を存分に示したベルギー代表MFは、アジアでいかなるパフォーマンスを見せるのか? そのプレーに注目したい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ