日本に再びVARの悪夢…吉田のハンドでPKを取られて痛すぎる失点

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月02日

吉田が準々決勝に続いて、VARの判定に泣く...

残りはあとわずか。日本は1-3から逆転できるのだろうか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 アジアカップ決勝の日本代表対カタール代表がUAE・アブダビのザイード・スポーツシティ・スタジアムで2月1日の18時(日本時間23時)から行なわれている。

 日本は準決勝で負傷交代したボランチの遠藤航が欠場。代役にはイラン戦で遠藤に代わって途中投入された塩谷司を起用して、大一番に臨んだ。

 日本は立ち上がりから積極的に仕掛け、勇猛にカタール陣内へと攻め込む。まずまずの入りを見せた日本だったが、12分に一瞬の隙を突かれてしまう。準決勝までに8得点を奪って大会得点ランクトップを走るアルモエズ・アリが、ペナルティエリア内でゴールを背にしてボールを受ける。ここから軽やかなタッチを見せると、最後はオーバーヘッド。これが日本のゴールネットに吸い込まれ、日本は早い段階で1点を追いかける展開となった。
 
 さらに日本は続けざまに失点。27分、ミドルレンジからハティムに左足でミドルを叩き込まれ、2点のビハインドを背負う形となった。

 0-2で迎えた後半、日本は猛攻を仕掛ける。相手の運動量が落ちたところを見逃さず、堂安律、大迫勇也、南野拓実らを中心に決定機を創出していく。さらに畳みかけるべく、62分に原口元気に代えて武藤嘉紀を投入。すると、69分だ。ゴール前の混戦から南野が抜け出すと、きっちりと決め切って日本がついに1点を返した。

 追い上げムードが漂うなか、再び日本を悪夢が襲う。83分、カタールのCKに対して吉田麻也が競り、ヘディングでクリア。事なきを得たかと思いきや、ビデオ・アシスタント・レフリー(VAR)によってハンドの判定を下されてしまった。

 これをアクラム・アフィフに決められた日本は、そのまま1-3で敗戦。2大会ぶり5回目の優勝はならなかった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月19日発売
    2019-2020シーズンは
    この布陣で戦え!
    メガ14クラブ「最強モデル」
    第2特集は“リバプールに学べ”
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ