「中島翔哉はカタールに行く」ポルティモネンセ関係者が認める。ポルトガル紙はパリSG行きを想定と報道

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月30日

「移籍先候補は8つあった」

カタール経由フランス行きで決着がつきそうな中島。パリSGには早くて来夏に移籍か。同クラブはモロッコ代表DFメディ・ベナティアの加入も発表されている。 (C) Getty Images

画像を見る

 中島翔哉の移籍先は、カタールの強豪アル・ドゥハイルで間違いないようだ。

 ポルトガル紙『A Bola』の取材に対し、ポルティモネンセ株の過半数を所有する株主のテオドロス・フォレンサ氏が中島の移籍先について「カタールである」と認めたという。

「彼には8つの選択肢があった。もちろんすぐにショウヤを移籍させることは望んでいなかったが、用意された環境は中島にとって非常に良かった。アル・ドゥハイルのルイ・ファリア新監督がショウヤにチームのプロジェクトを話し、彼を納得させた」

 実際にポルトガルの強豪ポルト、スポルティングなどからもオファーがあったことを認めたうえで、フォレンサ氏は会長も含め、今回の決断を支持しているとコメントしている。

 「昨日(実際はおととい)、すべてが解決した。主要なクラブからの提案をはねつけることはしたくなかったが、中島はすべてにおいて平均より上の能力を持っており、彼自身、”その時”だという自覚はあった。そして、彼には選択する権利がある」

 この移籍に関して英誌『The Sun』などは、リーグ・アンのパリSGが画策した”プロジェクト”であると指摘している。

 「アル・ドゥハイルとパリSGは、ともにカタール王室が所有するクラブだ。中島にパリSGへの道が開かれる可能性があることを示唆している。おそらくFFPを回避するためのレンタル移籍も視野に入っているはずだ」(『The Sun』)

 UEFA加盟クラブを対象としたファイナンシャル・フェアプレー規則(FFP)とは、移籍金などの支出が収入を上回ることを禁じるなどの規則が定められたもの。今回の中島のカタール移籍はこの規定を潜り抜けるための”裏ワザ”と捉える見方もある。

 フォレンサ氏はこうした国内外で囁かれたパリSGとの関わりについても、「先方から最大の提案を受けた」と認める発言をしている。

 また、かねてから報道されてきた通り、移籍金3500万ユーロ(約45億5000万円)で交渉が成立しているとすれば、過去に中田英寿がローマからパルマへ移籍した際に提示された約32億円を超え、日本人最高額での移籍となる。

 中島翔哉のカタール移籍はほぼ間違いない。あとは公式発表と、本人からのコメントが待たれるところだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ