"事実上の決勝戦"と言われたイラン戦で、吉田麻也が「楽に試合を終えられた」と語った真意は?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月29日

「大事なのは2、3点目を取れたこと。そこが大きくディフェンスを支えてくれた」

イランの強力な攻撃陣を抑え、完封勝利に貢献した吉田。「前の選手もすごく献身的にコースを限定してくれた」と前線の選手を讃えた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本代表は1月28日、アジアカップ準決勝でイランと対戦し、3-0で勝利した。0-0で迎えた56分に大迫勇也が先制ヘッドを叩き込むと、67分にも大迫がPKを沈めて追加点。さらに終了間際の90+1分に原口元気がトドメの3点目を奪い、難敵を蹴散らした。
 
 下馬評ではイラン優勢の声が大きかったが、終わってみれば3得点の無失点という完勝だ。力の差を見せつけたこの勝利を、満面の笑みで振り返ったのが、主将の吉田麻也である。
 
「20番(アズムン)のところがカギになると思っていたので、そこで起点を作られないことと、中途半端なボールを難しく処理しないことを意識していました。上手くディフェンスラインを上げられたし、前の選手もすごく献身的にコースを限定してくれたので後ろとしても守りやすかったです」
 
 CBコンビを組んだ冨安健洋とともにエースのアズムンをマークした吉田は、相手にほとんど決定的なチャンスを作らせなかった。それには前線からのプレスも大きな助けになったようで、チーム一丸となった勝利だと強調する。

 また、ともに1-0でモノにした決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア戦や準々決勝のベトナム戦よりも「楽に試合を終えられた」と述べており、「大事なのは2、3点目を取れたこと。そこが大きくディフェンスを支えてくれた」とゴールを重ねた攻撃陣を称賛した。この大一番で複数得点を奪えたのは、決勝に向けて弾みになったようだ。

 2大会ぶり5回目となるアジアの頂点まで、日本はあと1勝に迫っている。決勝では、UAE対カタールの勝者とぶつかるが、吉田は「UAEがホームなのでより難しくなると思いますが、どっちが来ても中東らしい中東のチームだと思うので、難しくなると思います」と分析しつつ、「ザックさんに会いたいのでね。決勝で再会できれば素晴らしいことだと思います」と、かつて日本代表で薫陶を受けた恩師が率いるUAEとの対戦に想いを馳せた。

 ただ、そこに慢心や油断はない。イランとの大一番を制したものの、決勝で負ければすべては水の泡。日本の守備を統率するキャプテンは、兜の緒を締め直して2月1日の決戦へ挑む。

【日本代表PHOTO】日本3-0イラン|強敵イランを相手に大迫、原口の得点で3発快勝。2大会ぶりの優勝へ決勝進出を果たす

【サポ―ターPHOTO】熱く会場を盛り上げた美女、キッズ、日本サポ―ター特集!佐々木翔のそっくりさんも!?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ