相手エースが苛立つほどの存在感ーー冨安健洋が”アズムン封じのミッションを”完遂!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月29日

「わざわざちょっかい掛けることはしていない」

冨安(16番)はクリーンなプレーでアズムン(右)に応戦。ほとんどの局面で仕事をさせず、チームの勝利に貢献した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[アジアカップ・準決勝]日本 3-0 イラン/1月28日/ハッザ・ビン・ザイード・スタジアム

 日本代表はアジアカップの準決勝でイラン代表と対戦し、苦戦を強いられたものの3-0で難敵を下した。
 
 怪我の影響で2戦目以降はベンチスタートだった大迫勇也が2ゴール。その活躍に誰もが目を奪われた一方でイラン戦を振り返るうえで、欠かせなかった選手がいる。相手の絶対的ストライカー・アズムンを抑えた冨安健洋だ。
 
 ロシアでプレーするイランのエースに対し、冨安は立ち上がりから真っ向勝負。相手の最終ラインから蹴り込まれたロングボールを触らせず、身体を張った守りでほとんど仕事をさせなかった。
 
 思い通りにプレーできない展開に業を煮やしたアズムンは終盤になると、苛立ちを露わにする場面が散見。マッチアップした冨安に抑えられ、感情を不安定にさせたのは明らかだった。
 

 では、いかにして冨安はアズムンを封じたのか。試合後にその質問にぶつけられた若き守備者は、特別な何かを仕掛けたわけではないとした。
 
「イライラさせるとか、わざわざちょっかい掛けることはしていない。自分のプレーだけに集中していました」
 
 いかなる時も自分に与えられた役割をまっとうする。最後まで相手のペースに引き込まれなかった点がイラン戦のハイパフォーマンスに繋がった。
 
 ただ、冨安は自分ひとりで止められたとは考えていない。
 
「前線の選手もボールを取られた後の切り替えを早くしてくれていた。ロングボールのコースも限定してくれていたので、僕だけの力ではない」
 
 周りと上手く連係できた点も“アズムン封じ”のポイントになった。アジア制覇まであと1勝。「次に向けて切り替えていい準備をしたい」と決勝に向けて意欲を示したチーム最年少のCBは、チームメイトとともに自身の仕事を完遂して次も勝利に貢献するつもりだ。

【日本代表PHOTO】日本3-0イラン|強敵イランを相手に大迫、原口の得点で3発快勝。2大会ぶりの優勝へ決勝進出を果たす

【サポ―ターPHOTO】熱く会場を盛り上げた美女、キッズ、日本サポ―ター特集!佐々木翔のそっくりさんも!?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ