「ミナミノの突入でイランの鉄壁が揺らいだ」3得点に絡んだ南野拓実の活躍を海外メディアが賞賛|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月29日

前線で大迫と良好なコンビネーションを披露

日本の3得点すべてに絡む活躍をみせた南野。大迫や堂安、原口とも良い連係でイラン守備陣をかく乱した。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 アラブ首長国連邦(UAE)で開催されているアジアカップ2019。現地1月28日に行なわれた準決勝で日本代表はイランと対戦。大迫勇也の2ゴール、そして原口元気のゴールで3点を奪って勝利を収めた。

 いずれのゴールも、お膳立てしたのは南野拓実だ。先制点となった大迫の1点目は、南野がイランのDFを背負いながらペナルティエリア手前まで持ち込んだ。倒されてプレーが止まった際も足を止めずにボールを追いかけ、絶妙なクロスを中央に配球。また、2点目のPKを獲得した場面でも、ペナルティエリア内でサイドに開いた南野が中央にクロスを送ったボールが、イランDFの腕に当たって生まれたものだ。

 ダメ押しとなった3点目は、原口がパスカットしたボールを南野がDFを背負うポストプレーで再び戻すと、そのままドリブルで駆け上がった原口がミドルシュートを決めた。

 日本の3点すべてに絡んだ南野の活躍に、現所属チームのレッドブル・ザルツブルクは「サムライブルーはアジアカップ決勝に進んだ!ブラヴォータキ(南野の愛称)!幸運を!」と賛辞を送った。

 また、オーストリア・ザルツブルクの地元紙『Salzburger Nachrichten』は「南野は月曜日、アル・アインで行なわれた非常に難しいトーナメントの準決勝を勝ち抜き、日本の1、3点をアシストし勝利に貢献した」と活躍ぶりを報じた。また、UAE地元紙『The National』は先制点について「南野の突入でイランの鉄壁が揺らぎ、大迫勇也がその壁を切り崩した」と、同大会初のイランの失点をもたらした南野の働きを賞賛した。

 フランスのサッカーメディア『Lucarne Opposee』は「なんというイランの過ちか。日本人ストライカーの南野が相手陣内深くに切り込み、守備陣とともに明らかな理由もなくつぶれた。5人のイランの選手が南野のシミュレーションの制裁をするように審判にアピールしている間、南野は全速力で走り、コーナーポイント手前でボールを取り戻したのだ」と諦めない姿勢を絶賛している。

 最後まで攻守にわたってボールを追い続け、イラン戦で勝利の立役者となった南野。若きエースの奮闘が、森保ジャパンを決勝に導いた。

【日本代表PHOTO】日本3-0イラン|強敵イランを相手に大迫、原口の得点で3発快勝。2大会ぶりの優勝へ決勝進出を果たす

【サポ―ターPHOTO】熱く会場を盛り上げた美女、キッズ、日本サポ―ター特集!佐々木翔のそっくりさんも!?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ