3得点に絡んだ南野拓実が完全復活のエースを賞賛!「最前線で戦ってチームを引っ張ってくれる」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月29日

最前線でコンビを組んだ南野は、大迫の存在感を改めて実感!

3点に絡んだ南野。決勝では自らがゴールを決め、勝利に導けるか注目だ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 1月28日、日本代表はアジアカップの準決勝でイラン代表と対戦した。日本は準々決勝のベトナム戦から、FW北川航也に代えてFW大迫勇也を先発起用。現状で考えられるベストの布陣で大一番に臨んだ。

 序盤は苦しんだが、日本は0-0で折り返した後半に息を吹き返す。56分に南野拓実が左サイドで粘ってクロスを入れると、大迫が頭で合わせて先制点を決めてみせた。

 1-0でリードした日本。その直後に遠藤航が負傷交代して暗雲が立ち込めたが、67分にビックチャンスを得る。南野が左サイドを突破してクロスを入れると、これが相手DFの手に当たってPKを獲得。このチャンスを大迫が確実に決め、日本はリードをさらに広げた。

 最後まで集中力を切らさなかった日本は、試合終了間際に南野のパスから原口元気が左足でダメ押し弾。3-0で大一番を制し、2大会ぶりに決勝進出を決めた。
 

 試合後、日本の全得点に絡んだ南野がフラッシュインタビューに登場。「決勝に向けて、今日はこの大会を通じての大一番。それだけ重要だったので、チーム一丸となり、それに結果が付いてきたので良かった」と、イラン戦の勝利に胸を撫で下ろした。
 
 南野は勝負の行方を左右した先制点の場面についてもコメント。「僕がこけた時に相手の足が止まったのは分かりましたし、笛も鳴っていなかった。サコくん(大迫)が中でしっかりと決めてくれたので良かった」と最後までプレーした点が得点に繋がったという。
 
 また、初戦以来のスタメン出場となった大迫とのコンビについても言及。「サコくんが入って、やっぱり落ち着く場面があった。最前線で戦ってチームを引っ張ってくれるので、やりやすかったです」と、エースの帰還は大きな意味があったと振り返った。
 
 2大会ぶりのアジア制覇まであと1勝。「日本から応援してくれる人や、現地で応援してくれる人たちのためにも、ラスト1試合、勝って帰りたい」とファイナルへの意気込みを語った南野は、次もゴールに絡む活躍を見せて日本を優勝に導くつもりだ。

【日本代表PHOTO】日本3-0イラン|強敵イランを相手に大迫、原口の得点で3発快勝。2大会ぶりの優勝へ決勝進出を果たす

【サポ―ターPHOTO】熱く会場を盛り上げた美女、キッズ、日本サポ―ター特集!佐々木翔のそっくりさんも!?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ