「なんてパフォーマンスだ!」「イランを完璧に葬り去る」アジア制覇へ王手をかけた森保ジャパンを海外メディアが激賞!|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月29日

“半端ない”男が大一番で大仕事!

2点目を突き刺して仲間たちの待つベンチへ走り出す大迫。この男の得点力が日本を勝利に導いた。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 現地時間1月28日、UAEのハッザ・ビン・ザイードスタジアムで、アジアカップの準決勝が行なわれ、日本代表がイラン代表を3-0で撃破。まさに手に汗握る攻防戦をサムライ戦士たちが制した。

 今大会無失点で無敗の強敵イランに立ち上がりから主導権を握られた日本だったが、相手エースのサルダル・アズムンを抑え込んだ冨安健洋を中心に守備中央を見事に封鎖。いっさい隙を見せることなく、スコアレスで前半を折り返す。

 そして迎えた後半、“半端ない”男が大仕事をやってのける。56分、ファウルを敵がセルフジャッジして足を止めている間に、左サイドでボールを拾った南野拓実がゴール前にクロスボールを供給。これをエリア内で待ち構えた大迫勇也がドンピシャヘッドで押し込み、ゴールネットを揺らした。

 値千金のヘディング弾で先手を取って勢いに乗った日本は67分に再び大迫がゴールを奪う。南野が獲得したPKを冷静にねじ込んだのだ。
 
 後がなくなったイランは一気に攻勢を強めるが、日本は全員が自陣に引いて、身体を張る懸命な守備を披露。すると、試合終了間際の後半アディショナルタイム2分に細かいパスワークから中央を突破した原口元気が駄目押し弾を決めて趨勢を定めた。

 アジア最強の呼び声が高かったイランを3-0で破り、8年ぶりの大会制覇へあと一歩のところまで辿り着いた森保ジャパンに対し、海外メディアも賛辞を贈っている。

 世界的ネットワーク『Fox Sports』のアジア版は、この試合をレポートした速報記事内で、「サムライブルーが今大会最初のファイナリストとなった。彼らはこの夜、イランを完璧に葬り去った。なんてパフォーマンスだ!」と日本を激賞。さらに大迫の得点シーンについては次のように描写した。

「イランの選手たちが審判を取り囲もうとするなか、日本がその状況を巧みに利用した。イランが完全に集中力を切らした瞬間にユウヤ・オオサコが、この試合で自身最初のシュートを決めた」

「2点目はVAR判定もあって決まるまでに時間を要したが、オオサコは集中力を切らすことなく完璧に決めた。これでサムライブルーが完全に勢いづき、イランはかなり打ちのめされたように見えた」

 史上初5度目のアジア制覇へあと1勝と迫った日本。運命の最終決戦(2月1日)の相手は、カタールとUAEの勝者だ。

【日本代表PHOTO】日本3-0イラン|強敵イランを相手に大迫、原口の得点で3発快勝。2大会ぶりの優勝へ決勝進出を果たす

【サポ―ターPHOTO】熱く会場を盛り上げた美女、キッズ、日本サポ―ター特集!佐々木翔のそっくりさんも!?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ