大迫勇也が先制ヘッド、PKで追加点!遠藤航の負傷交代をモノともせず、日本が決勝進出へ大きく前進!|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月29日

南野のクロスから強烈なヘッド!さらにPKで大迫が2ゴール!

初戦以来の先発出場となった大迫が2ゴール!その他でも躍動感のある動きで攻撃をリードしている。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 アジアカップの準決勝、日本代表対イラン代表は1月28日、UAEのハッザ・ビン・ザイードスタジアムにおいて18時(日本時間23時)のキックオフで行なわれている。

 日本は準々決勝のベトナム戦から、FW北川航也に代えてFW大迫勇也を先発起用。大迫は初戦のトルクメニスタン戦以来のスタメン復帰だ。一方、イランはエースのFWアズモンのほか、MFアミリ、エブラヒミなど主軸が順当にスターティングイレブンに名を連ねた。

 試合は序盤から一進一退の展開となる。日本は相手の最前線に構えるアズムンをケアしつつ、マイボールにした時間帯はボランチの柴崎岳を起点に攻め込み、相手ゴール前へと迫った。

 0-0で折り返した後半は、立ち上がりからイランにチャンスを作られる。開始早々の47分にはペナルティエリア手前で酒井宏樹がハンドを犯し、FKを与えてしまう。デヤガに直接狙われて肝を冷やすなど、苦しい流れが続いた。

 そうしたなかで、帰ってきたエースが日本を救う。56分に南野拓実が左サイドで粘ってクロスを入れると、大迫が頭で合わせて先制点を決めてみせた。

 1-0でリードした日本。だが、その直後にアクシデントが襲う。遠藤航が負傷。プレー続行不可能となり、塩谷司がボランチに投入された。

 遠藤の負傷で嫌な雰囲気が流れたが、67分だ。南野が左サイドを突破。クロスを入れると、これが相手DFの手に当たってPKを獲得する。ビデオ・アシスタント・レフリー(VAR)が用いられたが、判定は変わらない。このチャンスを大迫が確実に決め、日本は2点目を奪って優位な状態で試合を進めている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月22日号
    10月8日発売
    J1&J2&J3
    ネクストブレイク
    BEST 100
    必見の若手有望株を一挙公開!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ