【サウジ戦速報】日本、冨安健洋のアジア杯最年少ゴールで先制! 1点リードで後半へ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月21日

柴崎のCKから相手と競り合いながらヘディングで押し込む

冨安がアジアカップにおける日本代表の最年少ゴールを決めて先制した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 アジアカップの決勝トーナメント1回戦、日本代表対サウジアラビア代表は1月21日、UAEのシャルジャ・スタジアムにおいて15時(日本時間20時)のキックオフで行なわれている。

 日本はグループリーグ最終戦のウズベキスタン戦から、2戦連続で先発10名を入れ替えて臨んだ。前線の2トップには武藤嘉紀と南野拓実が名を連ね、ボランチには柴崎岳と遠藤航のコンビが起用されている。初戦で2ゴールを挙げた大迫勇也はベンチスタートとなっている。

 試合は立ち上がりからサウジアラビアがボールを支配。丁寧なつなぎで組み立て、日本を自陣に押し込む展開となる。日本は8分に、カウンターから原口元気のクロスに堂安律が左足のボレーシュートを放つが相手DFのブロックに阻まれた。

 13分、日本は左サイドを破られ、至近距離からアルビシに強烈なシュートを放たれるが、センターバックの吉田麻也が身体を張ったブロックでピンチを凌ぐ。

 その後もサウジアラビアにボールポゼッションを許す苦しい展開となるが、日本は20分にワンチャンスを活かす。右CKを得ると、柴崎岳のクロスに富安健洋が相手DFに競り勝ってヘディングシュートを叩き込む。日本が冨安の先制ゴールで1点をリードした。この冨安のゴールは、アジアカップにおける日本代表の最年少ゴールとなった。これまでの記録保持者は、トルクメニスタン戦でゴールを決めた堂安だった。

 先制後、日本は良い流れを掴みかけたが、34分には再びサウジアラビアに押し込まれ、ピンチを迎える。最後はMFバヒブリの左足で巻いたシュートが日本ゴールを襲うが、わずかに枠を外れ難を逃れる。

 日本は39分、武藤がラフプレーでイエローカード。武藤は今大会2枚目のイエローカードで次戦出場停止となり、準々決勝に勝ち上がっても出場することができなくなった。

 前半は1-0と日本がリードして終了した。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ